【カップ麺】「日本唐揚協会認定 からあげラーメン ガーリックしょうゆ」を食べてみた!

こんにちは、モノしんです(゚ー^*)

 

今回食べるカップ麺はこれ!

「日本唐揚協会認定 からあげラーメン ガーリックしょうゆ」のパッケージ

サンヨー食品 日本唐揚協会認定 からあげラーメン ガーリックしょうゆ

モノしん、からあげもラーメンも大好き。しかし、からあげをラーメンに入れようと思ったことはありませんでした(笑) 夢の組み合わせと言えなくもないですが、良い組み合わせとも思えません。果たして真相はどうなのか、試してみることにいたしましょう!

■スポンサーリンク■

日本唐揚協会って?

ってか日本唐揚協会って?と思った人も多いことでしょう。

日本唐揚協会とは

「「からあげグランプリ」をはじめとする唐揚に関するイベントを主催、研究、情報発信などを行う唐揚のスペシャリスト団体です。」とのこと。うーん、そんな団体があったとは…

 

それではいつも通り、栄養成分表示を見てみます。

「日本唐揚協会認定 からあげラーメン ガーリックしょうゆ」の栄養成分表示

1食66g当たり、カロリー285kcal、炭水化物39.2g、食塩相当量4.9g。「日清 カップヌードル」と比較すると、内容量は-12g、カロリーは-66g、炭水化物は-5.3、食塩相当量は-0.3gとなっています。量が少ない分カロリーと炭水化物も控えめですが、塩分はあまり変わらないんですね。

 

フタを開けて中を見てみましょう。

「日本唐揚協会認定 からあげラーメン ガーリックしょうゆ」調理前

粉末スープとかやくがあらかじめ入っているタイプです。からあげが目立っていますが、期待していたよりも小さいというのが正直な感想…。小袋はありません。

 

ファーストフード的な味

調理するとこのようになりました。

「日本唐揚協会認定 からあげラーメン ガーリックしょうゆ」調理後

揚げ玉がスープを吸ってふくらみ存在感を放っていますね。

 

では、食べてみましょう!

 

まずスープ、ガーリックしょうゆ味とのことですが、まあその通りですかね。割とスパイシーで、ガーリックもちゃんと感じます。ちゃんと感じはするもののそれほど強烈なわけではないので、外出前に食べても大丈夫そう。印象としては、味わい深い味というよりは、ジャンクな味って感じですかね。

麺は油揚げ麺で、公式の製品情報によると中太とのことですが、モノしん的にはやや細めに思いました。細めな割には歯応えがありますが、典型的なカップ麺の麺という感じ。典型的なカップ麺の麺っておやつ的だとモノしんは思っているのですが、おやつ的な麺とジャンクな味のスープはかなり相性が良いと感じました。

具は「鶏からあげ、キャベツ、味付揚げ玉、ねぎ」。この商品の主役と言っても過言ではない鶏からあげですが、やっぱり小さい…。ちゃんと鶏肉感もあって美味しいんですが、物足りなさは否めません。揚げ玉がカップ麺の具って結構珍しいと思うんですが、悪くないですね。柔らかな食感が印象に残ります。しかし、意識して食べないと存在を忘れがち。キャベツは満足のいく量が入っていましたよ。

スープ、麺、具、1つ1つを見るとそれほどすごいところはないんですが、全体を見るととてもバランスが良くて感心しました。ジャンクなスープ、おやつ的な麺、そしてからあげが組み合わさって、ファーストフードのような印象です。

 

総評

前述した通り、全体のバランスがとても良い一杯です。しっかりとした完成品のイメージがあって開発が進んだのだろうと想像してしました。ファーストフード的な味ということと、内容量がやや少なくカロリーも控えめですから、おやつ的に食べるのがオススメです。

最後に、からあげとラーメンの組み合わせの是非についてですが、からあげが小さくて判断できませんね。この商品としてはバランスが良いと感じたのですから、小さなからあげで正解だったのでしょうが(^^; 普通のからあげをラーメンに入れたらどうなるかはまったくわかりません

 

リピート確率:70%

 

 

モノしんブログのテーマはこれ!

簡単設定で美しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です