【カップ麺】「マルちゃん正麺 カップ 汁なし坦々麺」を食べてみた!

こんにちは、モノしんですσ(゚ー^*)

 

今回食べるカップ麺はこれっ!

「マルちゃん正麺 カップ 汁なし坦々麺」のパッケージ

東洋水産 マルちゃん正麺 カップ 汁なし坦々麺

前回レビューした「マルちゃん正麺 カップ 焼そば」と同時に発売した商品です。

 

焼そばは非常に美味しかったので、今回の坦々麺にも期待が高まりますね!一体どんな出来になっているのか、試してみることにしましょう(≧∇≦)

■スポンサーリンク■

焼そばと違って普通のかやく

まずは栄養成分表示を見てみます。

「マルちゃん正麺 カップ 汁なし坦々麺」の栄養成分表示

1食132g当たり、カロリーは522kcal、炭水化物は75.7g、食塩相当量は4.3g。「マルちゃん正麺 カップ 焼そば」と比較すると、内容量は+8g、カロリーは+58kcal、炭水化物は-4.7g、食塩相当量は±0gとなっています。内容量とカロリーは多いのに炭水化物は少ないんですね。なかなか珍しいパターンのように思います。

 

フタを開けて麺を見てみましょう。

「マルちゃん正麺 カップ 汁なし坦々麺」調理前

焼そばと同じく「生麺ゆでてうまいまま製法」の麺です。ノンフライらしい質感ですね。形状は焼そばとちょっと違う気が…。

 

小袋は3つ。

「マルちゃん正麺 カップ 汁なし坦々麺」の小袋

液体スープ、粉末スープ、かやくです。焼そばはかやくがフリーズドライの野菜でしたが、坦々麺ではごく普通のかやくとなっています。焼そばとは違い、ちゃんと肉があるようですね(*>ω<)

 

かなり本格的な味わい

調理するとこのようになりました。

「マルちゃん正麺 カップ 汁なし坦々麺」調理後

見た目からしてかなりの本格感がありますが、花椒の香りが一層それを引き立てますね!麺はやはり焼そばとは違うようです。こちらの麺はしっかりと角があり、やや太いんじゃないかと思います。

 

では、食べてみましょう!

 

まず味ですが、見た目通り本格的、かなり複雑な味わいです。原材料を見ると米黒酢、ねりごま、花椒、唐辛子、にんにく等が使われているんですが、それらがバランス良く混ざり合っているようなイメージでしょうかね。辛さは結構強く、苦手なモノしんにはやや厳しいレベル。なんとか食べられましたが、純粋に美味しさを楽しめたかというと微妙です(;・∀・)

麺は前述したように形状が焼そばとは異なるものですが、それが食べてもちゃんとわかります。なめらかだった焼そばの麺と違って、角張った麺が口の中でしっかりと主張してきます。味付けが相当強めなので、麺もこのくらいがちょうどいいように思います。で、歯応えなんですが、これはモノしんの調理がちょっとマズった可能性が。あまりにもゴリゴリだったんですよね(⌒_⌒; ちゃんと5分待ったんですが、お湯の温度が低めだったかもしれません。汁なし麺は食べている間に柔らかくなることがあまり期待できませんから、気を付けるべきでした…。

具は「チンゲン菜、味付挽肉」。柔らかく美味しい味付けの肉が入っているのはいいんですが、フリーズドライで非常に食感の良い5種類もの野菜が入っていた焼そばと比較すると見劣りしてしまうのは否めませんね。タレの味付けが濃いので、箸休めとなる野菜がもうちょっと欲しかったところです。

 

総評

辛さが苦手なモノしんが美味しさをフルに味わえたとは思えませんが、本格的な汁なし坦々麺であることは間違いありません。辛いのが好きな人であればとても楽しめるのではないでしょうか。注意点としては、やはり調理ですね。これは今回の坦々麺だけでなく前回の焼そばにも言えることですが、しっかり沸いたお湯を使いましょう。戻りにくいノンフライ麺+汁なしですから、低めの温度のお湯を使ってしまうとリカバリーできませんよ(;ω; )

 

リピート確率:30%

 

 

ところで!カップ麺も美味しいですが、たまにはお取り寄せで贅沢グルメなんていかがでしょう(^^)

モノしんの住む北海道と言えば、やはり海鮮

ギフトにも是非どうぞ!!(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です