【冷凍食品】ニチレイの「サイコロステーキピラフ」を食べてみた!

こんにちは、モノしんです(*^-゚)v

 

今回は冷凍食品。食べるのはこれ!

「サイコロステーキピラフ」のパッケージ

ニチレイ サイコロステーキピラフ

ニチレイのご飯モノ冷凍食品といえば何と言っても「本格炒め炒飯」だと思うんですが、たまには違うモノをと思って買ったこの商品。一体どんな味なのか、試してみることにしましょう!

■スポンサーリンク■

レンジ調理の他、フライパン調理可能

まずは栄養成分表示を見てみます。

「サイコロステーキピラフ」の栄養成分表示

100g当たり、カロリー195kcal、炭水化物32.7g、食塩相当量1.6g。内容量は430gとなっています。先程名前を出した「本格炒め炒飯」の100g当たりと比較すると、カロリーは-20kcal、炭水化物は+1.4g、食塩相当量は+0.4g。内容量は-20gです。まあ、あんまり変わらないってことですね。

 

調理方法はこんな感じ。

「サイコロステーキピラフ」のレンジ調理時間

レンジで調理する場合は凍ったまま皿に平らに盛ってラップをかけず、内容量の半分である215gであれば500Wで4分、600Wで3分20秒、内容量全部の430gであれば500Wで7分30秒、600Wで6分20秒加熱します。

フライパン調理も可能。

「サイコロステーキピラフ」のフライパン調理時間

その場合は温めたフライパンに油をひかず凍ったまま入れ、内容量半分なら3~4分、全部なら5~6分中火で炒めます。フライパンが鉄製の場合は少量の油をひくよう書いてありますね。

 

皿に内容量半分の215gを盛ってみました。

「サイコロステーキピラフ」調理前

具がたくさん!これは期待できそうです(*^o^*)

 

しっかりステーキ肉が美味しい

今回はレンジ調理。こうなりました。

「サイコロステーキピラフ」調理後

いんげんの緑色が鮮やかですね!美味しそうです(*´∀`)

 

では、食べてみましょう!

 

まず味ですが、うーん、何の味と言えばいいのか難しい。公式の商品紹介の言葉を借りると「にんにくの風味を効かせたステーキ醤油味」だそうです。まあ、ステーキソース味って感じですかね。結構濃い味付けです。おそらくは黒胡椒由来と思われるスパイシーさもありますね。

ライスは水分が少なくパラパラとしっとりの中間のような感じ。ちょっと硬め食感ですが、モノしんは硬めに炊いたご飯が好きなので問題なしです。人によってはもうちょっと柔らかいほうがいいと思うかもしれません。

具は「牛肉、ピーマン、たまねぎ、にんじん、いんげん」となっていますが、牛肉と赤いピーマン、緑のいんげんが目立って、たまねぎとにんじんは存在に気付きませんでした( ̄ー ̄; ただ、だとしてもその目立った3つの具だけで満足できるクオリティがあります。牛肉はステーキ肉と言って差し支えないしっかりとした肉で、大きさも量もなかなかのもの。ピーマンといんげんもそれぞれの味と歯応えがちゃんと感じられ、ピラフ自体の濃い味付けの中で舌を休めてくれる存在となっていました。

 

総評

ニチレイのご飯モノなので美味しいだろうとは思ってましたが、思っていた以上に美味しかったです。「本格炒め炒飯」と比較しても負けていないと思いました。これは冷凍庫に常備決定です!

 

リピート確率:100%!

 

 

 

ゲオの宅配レンタル!

忙しくても借りちゃおう(*^-゚)v

詳しくはこの記事で! 【映像】ゲオ宅配レンタルを利用してみた!返却までの流れはどんな感じ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です