【カップ麺】「カップヌードル トムヤムクンヌードル」を食べてみた!

こんにちは、モノしんです!

 

今回食べるカップ麺はこれ!

「カップヌードル トムヤムクンヌードル」のパッケージ

カップヌードル トムヤムクンヌードル!!

 

カップヌードルエスニックシリーズの一品であり、先日レビューした「カップヌードル ブラックペッパークラブ」の発売と同時にリニューアルされた商品です。

 

この商品、リニューアル前から非常に評判がいいんですよね。

世にトムヤムクンのカップ麺はたくさんありますが、その中でも頭抜けて美味しいとか。

 

ブラックペッパークラブはモノしん的にちょっと微妙でしたが、果たしてこれはどうでしょうか?

■スポンサーリンク■

 調理前は普通なので、トムヤムクンの意味を調べてみた。

フタの上についている小袋はトムヤムペースト。

トムヤムペースト

ここで「トムヤム」がどういう意味か気になったので調べてみると、タイ語でトムは「煮る」、ヤムは「混ぜる」という意味らしいですよ(笑)

ちなみに、クンは「えび」だそうです(^0^)

 

フタを開けて見てみましょう。

「カップヌードル トムヤムクンヌードル」調理前

えびとマッシュルームが目立っていますね。

 

この時点ですでにエスニックな香りがほのかに漂っています。

 

 複雑で奥深いスープがすごい!

お湯を入れて3分待ち、トムヤムペーストを入れた姿がこちら。

「カップヌードル トムヤムクンヌードル」調理後

真ん中の赤茶色のものがトムヤムペーストです。

 

試しにトムヤムペーストだけなめてみると、かなり辛く、パクチーの風味がします。

お次にトムヤムペーストを避けてスープを飲んでみると、酸味が強く魚介の旨味を感じますが、こちらにはあまり辛味はありませんね。

トムヤムペーストを溶くと、全ての味が一体となり、複雑で奥深い味わいとなります。非常に美味しいと言えるのではないでしょうか。

 

麺はいつものカップヌードルと同じですかね。

この麺あってのカップヌードルですから、文句のつけようもありません(;´∀`)

 

具は「味付えび、マッシュルーム、赤唐辛子、パクチー」となります。

味付えびは通常のカップヌードルに入っているものと同じものだと思いますが、適度な歯応えがあり、食べ応えがありますね。

マッシュルームは甘味があり、スパイシーなスープの中で舌をリフレッシュしてくれる重要な存在です。

赤唐辛子とパクチーは、トムヤムペーストと味の構成が同じということもあってか、見た目ほど味には影響していないように思えました。彩りとしての役割が大きそうです。

 

総評

世間の評判通り、とても美味しかったです!

旨味、酸味、辛味、パクチーの風味など、高いレベルでバランス良くまとめられていますね。

日本の料理の味わいとはかけ離れているため、万人受けするものではありませんが、好きな人にはたまらない味だと思います。

モノしん的には「アリ」だったので、また食べたいですね(*^-゚)v

 

リピート確率:100%!

 

 

ところで!カップ麺も美味しいですが、たまにはお取り寄せで贅沢グルメなんていかがでしょう(^^)

モノしんの住む北海道と言えば、やはり海鮮

ギフトにもいいかもしれませんね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です