【食べ比べ】ぺヤングソースやきそば味ふりかけの再現度を検証してみた!

こんにちは、モノしんです!

 

スーパーでこんなものを見付けました!

「ぺヤングソースやきそば味ふりかけ」のパッケージ

ニチフリ ぺヤングソースやきそば味ふりかけ

定番カップ焼そばの一つ、ぺヤングソースやきそばとのコラボ商品です(^^)

 

定番のカップ焼そばとか言いましたが、実は北海道では基本的には売っていません。代わりにマルちゃん やきそば弁当が売っているわけですね。

 

今回、そのぺヤングソースやきそばをとあるルート(大げさ(笑))から入手できました!

「ぺヤングソースやきそば」のパッケージ

まるか食品 ぺヤングソースやきそば

 

ってなわけで、ぺヤングソースやきそば味ふりかけとぺヤングソースやきそばを食べ比べ、ふりかけがどのくらいやきそばを再現できているか確認してみるとしましょう(*^-゚)v

■スポンサーリンク■

意外に違う?あくまでも雰囲気重視か。

温かいご飯にぺヤングソースやきそば味ふりかけを振り掛け、ぺヤングソースやきそばを作りましたよ(^^)

食べ比べ開始!

なんとなく、似た雰囲気を感じますね(笑)

 

まずは匂いをかいでみます。

ふりかけのほうはソースの酸味を感じる香りがします。食欲をそそる良~い香りです(^^)

一方、焼そばのほうはあまりそういう匂いはしませんね。ソースよりも、麺の匂いが強い感じがします。

匂いの時点から結構な違いが見えてきてしまいましたね(^^;)

 

では、食べてみましょう!

ふりかけのほうは、まずソースの酸味を感じ、その後はいかにもふりかけなしょっぱさが感じられます。

焼そばのほうは、酸味を感じるのは同じですが、その後は麺由来と思われる甘味を感じます。

比較してどうかというと、初めに感じるソースの味が似ていますね。後味についてはご飯と麺の違いが大きく影響してかなり異なる印象で、総合的にやきそばのほうがマイルドに感じます。

 

少なくとも、一緒に食べるべきものではなく、やきそばがない時に雰囲気を味わうためのふりかけだということがわかりました(笑)

 

ついでにカップ麺レビュー!

続けてぺヤングソースやきそばのレビューをしてしまいましょう!

 

ここで調理前の写真をまとめてどうぞ。

「ぺヤングソースやきそば」調理前 「ぺヤングソースやきそば」の小袋

 

味についてはふりかけとの食べ比べで言及した通り、ソースの酸味と麺の甘味でマイルド。ソースの量が少なめなのがその印象をより強くしているように思います。

 

麺については、いかにもカップ麺といった感じのジャンク感あふれるものです。お湯を注いでからの待ち時間で大きく歯応えが変わるに違いなく、自分の好みを反映しやすい麺です。

 

具は「キャベツ、味付け鶏ひき肉」。ふりかけとして「ごま、アオサ、紅生姜」。そして胡椒ベースと思われるスパイスが。

キャベツがたっぷり入っていて好印象。肉は鶏肉なんですね。そのせいか、あまり肉っぽくない感じがします。

ふりかけはごまが入っているのが特徴的ですね。

スパイスはホント好みですかね。モノしん的には、ソースやきそばに胡椒というのはあまり合っているとも思えず、全くかけなくても問題ないと思いました。かけるとしても、少しずつかけることをオススメします(^^;)


総評

まずはぺヤングソースやきそば味ふりかけについてですが、正直、味の再現度はそれほどでもないように思います。ですが、ぺヤングソースやきそばがない時に雰囲気を味わうことはできますね。何より存在が面白いですし、モノしんは気に入りましたよ(*´∀`)

ぺヤングソースやきそばは、そのジャンクな味や麺の性質など、我ら道産子が愛するやきそば弁当とやはり似ていますね。味は違うのですが、方向性というか、とにかく同じ雰囲気を感じます。北海道で基本的にぺヤングソースやきそばが売られていない理由がわかった気がします。

もしまたぺヤングソースやきそばが手に入ったら、やきそば弁当との食べ比べを記事にしてみたいですね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です