【カップ麺】「札幌ラーメンどさん子監修 コーンバター風味噌ラーメン」を食べてみた!

こんにちは、モノしんです(*゚▽゚)ノ

 

今回食べるカップ麺はこれ!

「札幌ラーメンどさん子監修 コーンバター風味噌ラーメン」のパッケージ

サンヨー食品 札幌ラーメンどさん子監修 コーンバター風味噌ラーメン

有名店再現モノです。「札幌ラーメンどさん子」とはこんなお店。

「札幌ラーメンどさん子」とは

「昭和三十六年創業のラーメンチェーンとして日本全国のお客様に味噌ラーメンを提供しています。」とのこと。…モノしん、生まれも育ちも札幌の生粋の道産子ですが、この店知りません(--;) え、自分ってこんなに世間知らず?と一瞬落ち込みましたが、調べてみると、札幌には店舗がないみたいですね。北海道の範囲で見てみても2店舗しかない。なるほど、道外の人に札幌ラーメンを食べてもらいたい、そういうことだと理解し、気を取り直してレビューに行きたいと思います!

■スポンサーリンク■

コーンの量が印象的

まずは栄養成分表示を見てみます。

「札幌ラーメンどさん子監修 コーンバター風味噌ラーメン」の栄養成分表示

1食98g当たり、カロリー456kcal、炭水化物58.9g、食塩相当量5.3g。内容量的には、大盛りの部類ですね。なので、「日清 カップヌードル ビッグ」と比較します。すると、内容量は-3g、カロリーは-1kcal、炭水化物は-1.3g、食塩相当量は-1.1gとなっています。ほとんど同じですね。まあ、食塩相当量1.1gの違いはそんなに小さくはないので、特筆すべきはそこくらいですかね。

 

フタの上には小袋が貼り付けられています。

「札幌ラーメンどさん子監修 コーンバター風味噌ラーメン」の小袋

仕上げの小袋ということですが、中身はバター風味のオイルとなっています。

 

フタを開けて中を見てみましょう。

「札幌ラーメンどさん子監修 コーンバター風味噌ラーメン」調理前

粉末スープとかやくがあらかじめ入ったタイプ。札幌ラーメンを語るうえで欠かせない要素の一つがコーンですが、それがたくさん入っているのは印象的ですね。

 

バターの風味が絶妙

調理するとこのようになりました。

「札幌ラーメンどさん子監修 コーンバター風味噌ラーメン」調理後

見た目はやはりコーンが目立っていますが、それよりもバターの香りがイイですね!

 

では、食べてみましょう!

 

まずスープですが、飲んでみてもバターの風味がちゃんと活きています。食べ進めると感じなくなってしまうようなレベルのものではなく、最後までしっかりバター風味を楽しめる絶妙な加減ですね。味噌はいたって普通の味噌味という感じですが、バターのおかげで美味しさが引き立てられていると思います。

麺は太めの油揚げ麺。麺は太さのおかげで食べ応えはありますが、歯応えは普通の油揚げ麺の印象です。それ以上に特筆すべきこともないですが、太さは札幌ラーメンらしさがあるかなと感じました。

具は「コーン、鶏・豚味付肉そぼろ、ごま、ねぎ」。上の写真を見てもわかる通り、コーンはたくさん入っていて、味もコーンならではの甘さが感じられ好印象。鶏・豚味付肉そぼろは大粒で味付けも良いです。もうちょっと量があるとなお嬉しかったところ。ごまは黒ごまで、見た目的には結構インパクトあるんですが、味にはそれほど寄与していないように感じました。

 

総評

お店の味は食べたことないのでわかりませんが、札幌ラーメンらしさは表現されていると感じました。特にバターの風味は好印象ですね。また食べたいかと言えば微妙なラインですが、味噌ラーメン食べたくなった時の候補に入れてもいいかなとは思っていますよ。

 

リピート確率:60%

 

 

『モノしんのインドア趣味BLOG』はエックスサーバーを利用しています!

ブログやるならエックスサーバーがオススメです(*^-゚)v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です