【カップ麺】「日清焼そばU.F.O.湯切りなし 五目あんかけ風焼そば」を食べてみた!

こんにちは、モノしんです(*^-゚)v

 

今回食べるカップ麺はこれ!

「日清焼そばU.F.O.湯切りなし 五目あんかけ風焼そば」のパッケージ

日清焼そばU.F.O.湯切りなし 五目あんかけ風焼そば

 

焼そばにもかかわらず湯切り不要とのこと。一体どういうことなのか、試してみることにしましょう!

■スポンサーリンク■

湯切り不要の鍵はとろみの素

まずは栄養成分表示を見てみましょう。

「日清焼そばU.F.O.湯切りなし 五目あんかけ風焼そば」の栄養成分表示

内容量114g、カロリー566kcal、食塩相当量4.5g。ノーマルU.F.O.と比較すると、内容量は-14g、カロリーは+10kcal、食塩相当量は-1.4gとなります。

 

パッケージをはがすと、フタには調理方法とおいしくつくるコツが。

「日清焼そばU.F.O.湯切りなし 五目あんかけ風焼そば」のおいしくつくるコツ

お湯を捨てずにまぜることでとろみがつき、あんかけ焼そばになるというわけですね。

 

フタを開けてみましょう。

「日清焼そばU.F.O.湯切りなし 五目あんかけ風焼そば」調理前

ノーマルU.F.O.と同じくかやくがあらかじめ入っているタイプ。ノーマルは湯切り時に流出を軽減するためかやくが麺の中や下に仕込まれているのに対し、湯切り不要のこの商品では普通に上にのっていますね。

麺はノーマルU.F.O.と質感は同じですが、若干細いのではないでしょうか。

 

小袋は2つ。

「日清焼そばU.F.O.湯切りなし 五目あんかけ風焼そば」の小袋

粉末スープととろみの素となります。このとろみの素によって、カップ焼そばなら本来捨てるはずのお湯があんに早変わりするってわけです。

 

とろみが少ない、作り方を間違えた?

4分待って粉末スープととろみの素を入れ、1分以上よ~く混ぜるとこうなりました!

「日清焼そばU.F.O.湯切りなし 五目あんかけ風焼そば」調理後

非常に美味しそうには見えますが…あまりとろみがついていません…(. _ .) フタに「お湯の入れすぎ注意」とあったので気を付けたつもりだったんですが、もしかしたら入れすぎたでしょうかね…。

 

とっ、とりあえず食べてみましょう(´・ω・`;)

 

あん(ってかスープ)はとても優しい味です。塩味と甘味のバランスが良く、旨味も感じます。ただ、商品情報には「鶏ガラと醤油をベースに海鮮の風味と野菜の旨みをきかせた」とあるのですが、海鮮の風味はほとんどないような(´ヘ`;) 正直なところちょっと薄味かなと思ったんですが、それもとろみが足りないのと同じようにお湯を入れすぎたからかもしれません…。

麺は4分待って1分以上混ぜたことにより、かなり柔らかい食感になってしまっています。おそらくはノーマルU.F.O.と同じように美味しい麺だと思うんですが、真価が発揮できていない感がありますね。

具は「キャベツ、味付豚肉、キクラゲ、人参、ねぎ」。うーん、これらも計5分以上の湯戻し時間によって歯応えが失われてしまっている感じがしますね。おかげで存在感も少なくなってしまっています。キャベツの歯応えがもうちょっと残っていれば印象はかなり違ったと思うんですが。


総評

あんの味が薄く、麺と具が柔らかくなってしまっていることにより、全体的にパンチがなくぼやけた味に感じてしまいました。ただ、あんの味についてはモノしんがお湯を入れすぎたからかもしれず、麺と具の歯応えについても4分待った後の混ぜ時間が長すぎたせいかもしれません。今後これを食べる人へのモノしんからのアドバイスとしては、お湯は少なく待ち時間は短く、ですかね。

 

リピート確率:90%(美味しかったからではなく、もう一度試したいので)

 

 

ところで!カップ麺も美味しいですが、たまにはお取り寄せグルメなんていかがでしょう(^^)

モノしんの住む北海道と言えば、ジンギスカン



美味いですよ!!

■スポンサーリンク■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です