【袋麺】ヤクルトの「麵許皆伝 しょうゆ味」を食べてみた!

こんにちは、モノしんです(‘-^*)

 

今回食べるのはこれ!

「麵許皆伝 しょうゆ味」のパッケージ

ヤクルト 麵許皆伝 しょうゆ味

同じブランドのソース焼そばを先日レビューしています。

 

ソース焼そばと同じように、職場に毎日訪問してくれているヤクルトレディーさんから購入しました。

価格はメーカーの希望小売価格が税別75円。袋麺の中で最もスタンダードなものの1つである「マルちゃん しょうゆ味ラーメン」の希望小売価格が税別105円ですから、かなり安いと言えそうですね。ただ、マルちゃんの商品はスーパーなどで割引されて売られるのに対し、ヤクルトの袋麺はヤクルトから直接定価で買うしかない(モノしんの知る限りですが)ので、実際の購入価格は同じくらいになるんじゃないでしょうか。

さて、ソース焼そばは結構気に入りましたが、しょうゆラーメンはどんなものか、試してみることにしましょう!

■スポンサーリンク■

ソース焼そばと同じく健康志向

国産大麦若葉エキス末入り、国産米粉入り、ビタミンB1・ B2、カルシウム強化という点はソース焼そばと同じです。大麦若葉ってのはいわゆる青汁。健康に良さそうですよね。

では、栄養成分表示を見てみましょう。

「麵許皆伝 しょうゆ味」の栄養成分表示

1食94g当たり、カロリー427kcal、炭水化物57.5g、食塩相当量5.3g。

強化配合されている栄養素も見てみると、ビタミンB1が0.75mg、ビタミンB2が1.05mg、カルシウムが360mg。ソース焼そばの値とほとんど同じです。したがって、即席中華麺の標準よりもビタミンB1とB2が30%増、カルシウムが50%増というのも同じですね。

せっかくなので、先程価格の比較をした「マルちゃん しょうゆ味ラーメン」と比較してみると、内容量は-6g、カロリーは+7kcal、炭水化物は-2.2g、食塩相当量は-0.3gと、ここまではほぼ同じと言っていいレベルです。肝心の強化配合栄養素は、ビタミンB1・B2はマルちゃんに記載がなく、カルシウムは+120mgで、なんと謳い文句通りぴったり50%増となっています。

 

調理方法はこんな感じ。

「麵許皆伝 しょうゆ味」の作り方

麺を500mlのお湯で3分ゆで、粉末スープを入れて出来上がり!超簡単ですが、袋麺はだいたいこんなものですかね。

 

袋を開けて麺を見てみましょう。

「麵許皆伝 しょうゆ味」調理前

ソース焼そばの記事の時と同じく写真ではちょっとわかりにくいんですが、明らかに緑色です。大麦若葉(青汁)が練り込まれているため、そのような色になっているようです。色以外の点もソース焼そばの麺と同じように見えます。パッケージの表記上麺量が異なるので厳密には同じではないんですが、違いは麺量だけなのか、それとも他の部分も違うのか、見た目からはわかりません。

 

小袋は1つ。

「麵許皆伝 しょうゆ味」の小袋

粉末スープのみですね。

ソース焼そば以上の普通さにとまどう

作るとこのようになりました。

「麵許皆伝 しょうゆ味」調理後

ソース焼そばは作ってしまうと麺の緑色がまったくわからなくなりましたが、こちらはかろうじてわかりますね。スープがにごっているのが気になりますが、麺のゆで汁をスープにするとこんなものでしょうか。

 

では、食べてみましょう!

 

スープは…、どこかで味わったことのある味です。マルちゃんのしょうゆ味ラーメンか、あるいはサッポロ一番のしょうゆ味か、とにかくスタンダードな袋麺のしょうゆ味を連想させる味です。どういう味かと聞かれると答えるのがちょっと難しいんですが、ポークと野菜の優しい味わいって感じになるでしょうかね。

麺は中細の油揚げ麺。パッケージに「食べ応え抜群のもちもちめん」とあり、ソース焼そばでは確かにそれを感じましたが、しょうゆラーメンではちょっと微妙。スープと同じように、スタンダードな袋麺の麺って印象が強いです。緑色の素である青汁が味に何か影響を与えているということもなく、本当に普通の麺ですね。

スープと麺、どちらも主張しないのでバランスは良いです(⌒_⌒;

総評

とにかく普通、それに尽きます。たまに食べたくなる味ですし、それを少し健康的に食べられるわけですから、なかなか良いとは思うんですけどね。ソース焼そばの記事でも書きましたが、やはり問題は手に入れにくさ。この味ではわざわざヤクルトレディーさんにお願いしてまで買おうとは思いづらいです。同じ手間をかけるなら、ソース焼そばのほうが断然オススメですね。

 

リピート確率:20%

 

 

■スポンサーリンク■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です