【カップ麺】「謎肉祭の素」を「カップヌードル チリトマトヌードル」に入れて食べてみた!

こんにちは、モノしんです!

 

先日、これを手に入れましたヾ(´^ω^)ノ

「謎肉祭の素」のパッケージ

カップヌードル 謎肉祭の素!!

 

今月の9日より、セブンイレブンにて個数限定で、対象のカップヌードルを2個買うともらうことができた非売品です。

■スポンサーリンク■

謎肉とは?そして、謎肉祭とは?

謎肉とは、日清のカップヌードルに入っているサイコロ状に成形された肉のことで、「ダイスミンチ」というのが正式名称。

ネットなどで「謎肉」と呼ばれていたのが、いつの間にやら日清がその名前を使うようになってしまったんですよね(^^)

材料や製法がずっと公開されていなかったために「謎肉」と呼ばれていたんですが、実はその正体は昨年公開されています。

【真相究明】カップヌードル “謎肉” は何の肉なのか? 日清食品に問い合わせてみた(ロケットニュース24)

上の記事によると、「豚肉と大豆、野菜由来の成分を混ぜ合わせてフリーズドライ」したものとのこと。

実際のところはもう謎ではないってことです(笑)

 

謎肉祭というのは、期間限定で売られていたカップヌードルビッグの10倍謎肉が入ったカップヌードル。上の記事でも写真が掲載されてますね。

一時販売休止になるほどの話題を集めた商品です。

 

謎肉祭の素を観察してみよう!

謎肉祭の素のパッケージ裏を見てみましょう。

「謎肉祭の素」のパッケージ裏

まず目に飛び込んでくるのが「非売品」の文字。貴重品!

そして、カップヌードルに1袋入れると謎肉約10倍になると書いてありますね。謎肉祭の素という名前通りってわけです(*^o^*)

さらに下を見てみると、そのままおやつとして食べられるとのこと!これは試してみなければなりませんね!

 

では、開封して中を見てみます。

「謎肉祭の素」開封

入ってる入ってる(≧∇≦)

 

出してみましょう。

「謎肉祭の素」中身

ざっと数えてみると、40個くらいありました(*゚∀゚)=3

 

謎肉祭の素、何に入れて食べる?

謎肉祭の素を入れるカップ麺として今回モノしんが用意したのは…

「カップヌードル チリトマトヌードル」のパッケージ

日清 カップヌードル チリトマトヌードル

 

モノしん、これ大好きなんですよ!カップヌードルのレギュラー商品の中ではちょっと異質というか、モノしんの周りでは食べたことないって人もいるくらいレギュラーっぽくない商品なんですが、食べてみるとホント美味しいんですよね~。

 

調理前の中身はこんな感じ。

「カップヌードル チリトマトヌードル」調理前

この商品は昨年リニューアルされたんですが、そのタイミングで「白い謎肉」が入るようになりました。

ぱっと見、白い謎肉は9個くらい入ってますね。結構多いんじゃないでしょうか。

これに40個の謎肉を入れても10倍にはなりませんね(⌒_⌒;

まあ、細かいことは言いっこなしで。

 

まずは謎肉をそのまま食べてみよう!

謎肉と白い謎肉を並べてみました。

普通の謎肉と白い謎肉

ふむふむ。ホントに色が違うだけって感じですね。

 

では、謎肉の素のパッケージに書いてあった通り、普通の謎肉をそのまま食べてみることにしましょう!

 

あ、美味しい(*^o^*)

サクサクと軽い食感です。適度な塩気があり、後味は謎肉そのもの。お菓子というか、おつまみって感じですね!

 

せっかくですから、白い謎肉のほうもそのまま食べてみます。

 

う、美味しくない(;′Д`)

食感がモソモソしており、後味にクセがあります。いかにも調理しなければならないものを生で食べているという感じがあって、いただけません…。

 

チリトマトスープと普通の謎肉の相性は?

いよいよ謎肉の素をチリトマトヌードルに投入してみます!

「謎肉の素」を入れた「カップヌードル チリトマトヌードル」

うお、すごい!

麺が見えなくなりましたよ(≧∇≦)

 

調理後はこのように!

「カップヌードル チリトマトヌードル」調理後

謎肉がみっちり、食べ応えがありそうです(^0^)

 

では食べてみます。

 

スープはトマトの酸味がしっかりと効いていて、すっきりとした味わい。チリとは言うものの、ほとんど辛くはありません。隠し味程度なので、辛さが苦手でも全く問題ないでしょう。

謎肉の素を入れたことによって味が変わったというようなことはないように感じます。

 

麺は普通のカップヌードルよりも太い麺です。

「カップヌードル チリトマトヌードル」の麺

カレーヌードルにも太い麺が使われていますが、それと同じものでしょうか?

太めとは言え、ちゃんとカップヌードルの麺してます。細麺好きのモノしんとしては、チリトマトヌードルが普通のカップヌードルの麺だったらと考えてしまうのですが、ないものねだりをしても仕方ありませんね。

なぜ太麺が使われているのか食べてもよくわかりませんが、スープとの相性は良いように思います。

 

具は「味付ミンチ、キャベツ、コーン、トマト加工品、インゲン」とバラエティ豊か。今回はこれに普通の謎肉も加わっています。

まず通常は入っていない普通の謎肉について触れてしまいますが、はっきり言ってチリトマトヌードルのスープにはあまり合っていないようです(><) すっきりした味わいのスープに対しこってりし過ぎているというか、謎肉の味が勝ってしまう印象があります。

一方、元々入っている味付ミンチこと白い謎肉ですが、こちらは鶏肉のあっさりとした味わいで、スープとよく合っています。そのまま食べた時にあった後味のクセはすっかり消えてますね。

チリトマトヌードルに普通の謎肉ではなく白い謎肉が入っているのにはちゃんと理由があったということが分かりました。

その他の具の野菜達もそれぞれ異なる味わいと歯応えがあり、スープにも合っていて良いのですが、モノしんが特に気に入っているのはインゲン。

濃い緑が赤いスープに映えており、独特の歯応えがあるんですよね。他に入っているカップ麺が思い浮かびませんし、チリトマトヌードルならではの具と感じています。

しかし、リニューアルでインゲンの量が減った気がするんですよね。代わりにキャベツが増えたような(ってかキャベツなんて入ってた?という気さえする)。


総評

改めてしっかりと味わってみると、やはり「カップヌードル チリトマトヌードル」は美味しいと確認できました(^^)

今回は謎肉の素を入れたことで食べ応えが大幅UPし満腹感は増しましたが、残念ながら味の相性はあまり良くは感じませんでしたね。

ただ、謎肉の素はそのまま食べて美味しく、いろいろなカップ麺に入れる楽しみもあり、非売品なのがもったいない。是非とも市販化してほしいものです。

 

カップヌードル チリトマトヌードルのリピート確率:100%!

 

 

 

ところで!カップ麺も美味しいですが、たまにはお取り寄せグルメなんていかがでしょう(^^)

モノしんの住む北海道と言えば、ジンギスカン



美味いですよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です