【モータースポーツ】ティアゴ・モンテイロがホンダ残留!ついでにWTCRについて調べてみた!

こんにちは、モノしんです。

 

昨日、個人的に嬉しいニュースを目にしました。

“WTCR:ホンダ・シビックTCRでモンテイロ、グエリエリが参戦へ”(AUTO SPORT web)

 

モノしんが以前から応援しているレーシングドライバーである、ティアゴ・モンテイロがホンダのクルマでWTCR(世界ツーリングカーカップ)というレースに参戦することが決まったというニュースです。

 

モンテイロはここ数年、ホンダからWTCC(世界ツーリングカー選手権)に参戦し活躍していたのですが、昨年チャンピオンも狙えるというところでテスト中にクラッシュ、負傷し、その後のレースの欠場を余儀なくされてしまいました。

そして、そのままシーズンは終了し、なんと、WTCCというレース自体が消滅することに…。

そういうわけで、今年モンテイロがどういった活動をするのか、すごく心配してたんですよね。その中でのWTCR参戦決定のニュースだったので非常に嬉しく思いました。

■スポンサーリンク■

WTCRは今年から始まる新しいレース!

ところで、WTCRって何?って思った皆さんのために、ちょっと調べてみたので紹介したいと思います(^^)

 

WTCR、世界ツーリングカーカップは、WTCCの終了を受け、今年から始まる新しいシリーズとなります。

WTCCとの一番の違いは使用されるクルマ。WTCCは、TC1という規則に則って作られたクルマ(以後、TC1車両)が使用されていましたが、WTCRは、TCRという規則に則って作られたクルマ(以後、TCR車両)が使用されることになります。

 

TC1車両もTCR車両も市販車をベースにしたレースカーですが、改造できる範囲が異なり、TCR車両のほうがその範囲が狭いのです。つまり、より安価ということになります。

安価なので多くのレーシングチームが注目し、その注目に注目した多くのメーカーがTCR車両を開発、発売し、さらに多くのレーシングチームの注目を集めるという好循環により、近年TCR車両を使用したレースはとても盛り上がりを見せていたようです。

 

ここらでTCR車両ってどんなものか気になってきている人のために動画を。

かなり市販車に近い姿ですが、結構かっこいいですよね。

 

レーシングチームにはすでに大好評!

上述のような盛り上がりにFIA(国際自動車連盟)が対応し、車両が高価でなかなか参戦チームが集まらないWTCCを終了させ、TCR車両を使った新しいシリーズを作ろうというのがWTCR誕生の経緯なのだと思います。

今年のWTCRは26台までエントリーできるのですが、すでにその枠は全て埋まってしまったとか。

昨年のWTCCは16台しか集まりませんでしたから、まずは目論見通りというところでしょうか。

 

気になる開幕戦はモロッコ、4月8日決勝!

非常に楽しみです。

当ブログでは今後もWTCRに注目していきたいと思います(^^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です