【カップ麺】「日清焼そばU.F.O.大盛 汁なし豚らーめん ニンニク背脂醤油味」を食べてみた!

こんにちは、モノしんです(≧▽≦)

 

今回食べるカップ麺はこれ!

「日清焼そばU.F.O.大盛 汁なし豚らーめん ニンニク背脂醤油味」のパッケージ

日清焼そばU.F.O.大盛 汁なし豚らーめん ニンニク背脂醤油味

「日清は冒険しない」、そんなモノしんのガッカリした気持ちを察したかのように、鮮やかなピンクのパッケージからして大冒険してそうなこんな商品を日清は投入してきました。「焼そば」でも「まぜそば」でも「油そば」でもなく、あえて「汁なし豚らーめん」と表現しているところもなんだか気になりますよね。中身もちゃんと冒険しているかどうか、確かめてみることにしましょう!

■スポンサーリンク■

栄養量には要注意

まずは栄養成分表示を見てみます。

「日清焼そばU.F.O.大盛 汁なし豚らーめん ニンニク背脂醤油味」の栄養成分表示

1食172g当たり、カロリー788kcal、炭水化物94.7g、食塩相当量7.3g。「日清焼そばU.F.O.」、つまりは普通のUFOと比較すると、内容量は+44g、カロリーは+232kcal、炭水化物は+12.2g、食塩相当量は1.4gとなっています。そうだろうとは思っていましたが、かなりの栄養量です。おやつとして食べるなんてもってのほか、主食として食べるにしても、その日食べる他の食事との兼ね合いも気にしないといけないレベルです。

 

フタを開けて中を見てみましょう。

「日清焼そばU.F.O.大盛 汁なし豚らーめん ニンニク背脂醤油味」開封

小袋を取り出すと…

「日清焼そばU.F.O.大盛 汁なし豚らーめん ニンニク背脂醤油味」調理前

かやくがあらかじめ入っているのは日清焼そばU.F.O.シリーズおなじみ。麺は普通のUFOの麺の質感はそのままに、形状を変え太くしたように見えます。

 

小袋は2つ。

「日清焼そばU.F.O.大盛 汁なし豚らーめん ニンニク背脂醤油味」の小袋

液体ダレと卵黄ペーストとなります。

 

ガシッと食感はウソではない

調理するとこのようになりました。

「日清焼そばU.F.O.大盛 汁なし豚らーめん ニンニク背脂醤油味」調理後

第一印象としては、麺の迫力がすごい!真ん中の黄色いのが卵黄ペーストになります。

 

では、食べてみましょう!

 

まずソースですが、まさに「ニンニク背脂醤油味」ですね。豚の旨味が濃厚で、ニンニクもかなり効いています。このニンニクの効き具合だと、人と会う予定の前に食べるのは避けたほうがいいかもしれません。その味だけだと麺量130gを食べ切る前に飽きてしまう可能性もありますが、卵黄ペーストのおかげで味のバリエーションが生まれ、飽きにくくなっていますね。卵黄ペーストはリアルな黄身を再現したもので、絡めて食べるとさらに濃厚で、かつマイルドな味わいになります。

麺、これはかなり感心しました。油揚げ麺でパッケージに書いてある「ガシッと食感」が実現できるか半信半疑でしたが、かなり高いレベルで実現できていると感じました。もちろんノンフライ麺で実現されているような食感には及ばないものの、油揚げ麺と考えれば素晴らしく、「ガシッと食感」と言ってしまっても差し支えないものとなっていると思います。

具は「キャベツ、味付豚ミンチ」。このような大盛商品では麺と比較すると具が貧弱な傾向がありますが、この商品についてもそれは同様。ただ、キャベツはかなり量が多く、箸休めの役割を立派に果たしていると言えるでしょう。

 

総評

かなり美味しかったです。特に麺の出来には驚きましたが、日清ですからね。冒険というよりは進化って感じがします。なぜ「汁なし豚らーめん」なのか食べてから考えてみると、二郎系のラーメンを汁なしにしたイメージだからかなと思いました。まあ、本当のところはわかりませんが。正直、もう一回食べたいんですが、栄養量を考えてしまうと…。最後に記載するリピート確率は栄養量も加味した総合的なものとなってしまいますが、それを考えなければ100%です!

 

リピート確率:50%

 

 

ところで!カップ麺も美味しいですが、たまにはお取り寄せで贅沢グルメなんていかがでしょう(^^)

モノしんの住む北海道と言えば、やはり海鮮

ギフトにも是非どうぞ!!(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です