【カップ麺】「スーパーカップ 大盛りブタキム油そば」を食べてみた!

こんにちは、モノしんです(*^-゚)v

 

今回食べるカップ麺はこれ!

「スーパーカップ 大盛りブタキム油そば」のパッケージ

エースコック スーパーカップ 大盛りブタキム油そば

スーパーカップの定番であるブタキムラーメンを油そばにアレンジした商品。モノしん、ブタキムラーメンがかなり好きなので期待大!一体どのようにアレンジされているのか、確かめてみることにしましょうヽ(*´∀`)ノ

■スポンサーリンク■

高カロリーにご注意!

まずは栄養成分表示を見てみます。

「スーパーカップ 大盛りブタキム油そば」の栄養成分表示

1食155g当たり、カロリー701kcal、炭水化物92.4g、食塩相当量6.1g。汁なし商品の代表、日清焼そばU.F.O.と比較すると、内容量は+27g、カロリーは+145kcal、炭水化物は+9.8g、食塩相当量は0.2gとなっています。

うーん、U.F.O.もなかなかの高カロリーではありますが、700台はなかなか…。スープを残してカロリー摂取を抑えることのできない汁なし商品では厳しいものがあります。が、その割に食塩相当量が高過ぎないのは救いでしょうかね…。

 

フタを開けて中を見てみましょう。

「スーパーカップ 大盛りブタキム油そば」調理前

丸い断面の太めの油揚げ麺ですね。いかにもスーパーカップの麺って感じです。

 

小袋は3つ。

「スーパーカップ 大盛りブタキム油そば」の小袋

調味たれ、かやく、スパイスとなっています。

 

ブタキムラーメンの再現度高し

調理するとこのようになります。

「スーパーカップ 大盛りブタキム油そば」調理後

お、この時点ですでにブタキムラーメンの雰囲気がかなり漂っていますね!スパイスは白い粉で非常にしょっぱく、あとは何なのかはっきとはわからない味です。こしょうとか唐辛子のようなわかりやすいスパイスではなく、味に深みを加えるようなものでしょうか。

 

では、食べてみましょう!

 

まずたれですが、商品詳細には「醤油たれ」とあるものの、豚をベースにキムチの風味やガーリックの風味が強烈に効いていて、あまり醤油感がありません。それはブタキムラーメンも同じで、実際の味がどのくらい似ているかはさておき、印象はかなり近いと感じました。食塩相当量が大盛商品の割には高過ぎないことからもわかる通り、しょっぱさはそれほどでもなく程よい感じです。前述したスパイスについては、やはりわかりやすく感じられるものではないようです。

麺は太く食べ応えがあります。食感や味は普通の油揚げ麺という感じですが、ブタキムラーメンの麺(というかスーパーカップの麺)もそんな感じですから、特に文句はありません。たれとの相性も悪くありませんよ。

具は「味付豚肉、白菜キムチ、ねぎ、唐辛子」。大盛商品ではありがちですが、麺の量に対してボリューム少なめ。種類的にはチンゲン菜が入っていないこと以外はブタキムラーメンと同じです。白菜キムチは美味しかったですが、味付豚肉はちょっとウソっぽい肉。ブタキムラーメンにはもっとリアルな肉が入っていたと思ったので、それと比べると少し残念です。

 

総評

ブタキムラーメンをうまく油そばとしてアレンジできていて好印象でした。ブタキムラーメンが好きなら気に入ると思います。また食べるかどうかですが、味的には文句なくまた食べたいものの、カロリーを気にしてしまうとなかなか手が出せません。大盛りじゃなければなあと思うところですが、量はスーパーカップのウリですし、無理な注文ですかね(´・ω・`;)

 

リピート確率:60%

 

 

ところで!カップ麺も美味しいですが、たまにはお取り寄せグルメなんていかがでしょう(^^)

モノしんの住む北海道と言えば、ジンギスカン



美味いですよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です