【カップ麺】「MARUCHAN QTTA裏 こんがりしょうゆ味」を食べてみた!

こんにちは、モノしんです(⌒▽⌒)

 

今回食べるカップ麺はこれ!

「QTTA裏 こんがりしょうゆ味」のパッケージ

東洋水産 MARUCHAN QTTA裏 こんがりしょうゆ味

このブログで記事にするのは初めてですが、「QTTA裏」は「QTTA」の裏メニュー的な味を揃えたシリーズとなっています。そんな「QTTA裏」の新味は「こんがりしょうゆ味」。焦がし醤油みたいなイメージですかね。であれば、これまでもそういう味のカップ麺はありましたが、肝心の焦がし風味が物足りない商品が多かった印象があります。この商品はどうなのか、試してみることにしましょう!

■スポンサーリンク■

調理前は特徴ないが、かやくは賑やか

まずは栄養成分表示を見てみます。

「QTTA裏 こんがりしょうゆ味」の栄養成分表示

1食81g当たり、カロリー360kcal、炭水化物47.9g、食塩相当量3.9g。「日清 カップヌードル」と比較すると、内容量は+3g、カロリーは+9kcal、炭水化物は3.4g、食塩相当量は-1.0gとなっています。そんなに変わらないと言えなくもないですが、塩分-1.0gはそこそこ大きな違いではありますね。

 

フタを開けて中を見てみましょう。

「QTTA裏 こんがりしょうゆ味」調理前

粉末スープとかやくがあらかじめ入っているタイプ。かやくは結構賑やかで良いですね。小袋はありません。にしても、カップの材質(普通のカップ麺の容器と異なり、硬いプラスチック)のせいなのか、内側上のほうまで粉末スープがびっしりと付着しているのが気になります。まあ、ブログ用に写真を撮るから気になるのであって、ただ食べるだけなら問題はないですけどね。

 

こんがり焦げた風味を最後まで楽しめる

調理するとこのようになりました。

「QTTA裏 こんがりしょうゆ味」調理後

こんがり焦げたしょうゆの香りがちゃんとします!これはなかなか期待できるかも(≧▽≦)

 

では、食べてみることにしましょう!

 

まずスープ。若干にがいほどにしっかりと焦げた風味がします。人によってはやりすぎと感じるかもしれませんが、モノしんは気に入りました。食べ進めても慣れて感じなくなるようなこともなく、最後まで香ばしい風味を楽しむことができました

麺は若干厚めながらも平らな形状の油揚げ麺。しばらくQTTAの普通のしょうゆ味を食べていないため、同じ麺なのかどうかはわかりませんでした。舌触りがちょっとざらついていて、若干歯応えがあります。前回レビューした「日清 カップヌードルプロ」の麺が柔らかく麺としての存在感が薄かったのとは対照的に、かなり存在感が濃い麺ですね。モノしん的には断然こっちのほうが好きです。

具は「えび、味付鶏挽肉、卵、たまねぎ、ねぎ」。調理前は賑やかとは書きましたが、正直言ってしまうと、「日清 カップヌードル」の具から謎肉をなくし、代わりに小さな鶏そぼろが入ったような構成で、そう考えてしまうとちょっと寂しい…。まあ、メインであろうえびは美味しく、量もまあまあだったので、比較しなければ不満というわけではありません

 

総評

意外性はなかったものの、ちゃんと期待に応えてくれる味でした。焦がし風味が好きな人にはオススメできます。モノしん的にも気に入ったので、また食べる可能性は結構高いと思います。

 

リピート確率:70%

 

 

ところで!カップ麺も美味しいですが、たまにはお取り寄せで贅沢グルメなんていかがでしょう(^^)

モノしんの住む北海道と言えば、やはり海鮮

ギフトにも是非どうぞ!!(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です