【袋麺】「日清爆裂辛麺 極太激辛ラーメン」を食べてみた!

こんにちは、モノしんです(≧▽≦)

 

今回食べるのは久々に袋麺!

「日清爆裂辛麺 極太激辛ラーメン」のパッケージ

日清爆裂辛麺 極太激辛ラーメン

最近辛さに強くなった気がして調子に乗ってるモノしん、今回も辛いのに挑戦です。しかも、パッケージに記載されている辛さレベルは5段階中の5!唐辛子と爆弾のキャラクターが血ヘド(?)を吐いているイラストもなんだかヤバそうです。

この記事を書く段階で初めて気付いたんですが、「日清爆裂」ってブランドなんですね。ブランドサイトもあります。つまり、かなり力が入っている商品と言えるんじゃないでしょうか。

■スポンサーリンク■

量は大盛り相当

まずは栄養成分表示を見てみます。

「日清爆裂辛麺 極太激辛ラーメン」の栄養成分表示

1食109g当たり、カロリー462kcal、炭水化物72.3g、食塩相当量6.1g。「日清 チキンラーメン」と比較すると、内容量は+24g、カロリーは+85g、炭水化物は+18.7、食塩相当量は+0.5gとなっています。量的には、カップ麺で言えば大盛り相当と言っていいと思います。炭水化物もかなり多めなのはちょっと気になるところです。

 

作り方はこんな感じ。

「日清爆裂辛麺 極太激辛ラーメン」の作り方

まあ、袋麺の作り方として普通ですかね。野菜を炒めてから同じ鍋にお湯を沸騰させるってところは、ちょっと珍しいかもしれません。

 

袋を開けて中身を取り出します。

極太の麺と…

「日清爆裂辛麺 極太激辛ラーメン」調理前

小袋が1つ。

「日清爆裂辛麺 極太激辛ラーメン」の小袋

麺は極太の名に恥じない太さであり、小袋は粉末スープとなっています。

 

丼に入れた粉末スープはこんな感じ。

「日清爆裂辛麺 極太激辛ラーメン」の粉末スープ

見た目がすでに辛いですが、匂いもかなり辛さを感じますね…。

 

あれっ、ラーメンだよね?

調理するとこのようになりました。

「日清爆裂辛麺 極太激辛ラーメン」調理後

具は冷蔵庫にあったものをテキトーに、ピーマンと白菜を入れてみました。それにしても、麺が太すぎ、さらに角ばった形状のため、まるでうどんのようです。

 

では、食べてみましょう!

 

まずはスープ。確かに辛いですが、一口飲んだ時点では、5段階中5とは感じませんでした。かと言ってガブガブ飲めはしませんが。美味しい味もちゃんとわかります。何味ってのはパッケージに明記されてませんが、味噌ベースの味になっていますね。

麺は油揚げ麺なんですが、非常に油揚げ麺ばなれしています。つるみといいコシといい、生麺と言われても疑わないレベル。食べてすぐに思い浮かんだのが、冷凍の讃岐うどん。一瞬、あれっ、ラーメンだったよな?と思いパッケージを確認するとやっぱりラーメンなんですが、はっきり言って太いラーメンというより細いうどんってほうがモノしん的にはしっくりきますね(^^; 間違いなく美味しいんですが、ラーメンを期待していると肩透かしを食らうかもしれません。

具は家にあったものなので当然評価対象外ですが、白菜はかなり当たりでした。まあ、キムチの代表的な材料ですから、当然っちゃ当然でしょうか。

 

さて、麺の出来に驚きつつ食べ進めていくと、だんだんと口の周りや舌がヒリヒリとしてきて、残念ながら途中リタイア、完食ならずでした。常識的な範囲での、5段階中5ってことなんでしょう。

 

総評

とにかく麺の出来に驚きました。辛さのせいで存分に食べられなかったのが非常に残念。完食できなかったくせに、これは絶対リピートしようと思っています。その時は、どうにかして辛さをマイルドにして食べるつもり。例えば、粉末スープは半分にして、中華スープやめんつゆなどで味を調整するような感じなんてどうでしょうか。絶対美味しい気がします。

 

リピート確率:100%!

 

 

『モノしんのインドア趣味BLOG』はエックスサーバーを利用しています!

ブログやるならエックスサーバーがオススメです(*^-゚)v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です