【カップ麺】「和ラー 秋田 きりたんぽ鍋風」を食べてみた!

こんにちは、モノしんです!

 

今回食べるのはこれ!

和ラー秋田きりたんぽ鍋風のパッケージ

サッポロ一番 和ラー 秋田 きりたんぽ鍋風です!!

 

モノしんはこの「和ラー」シリーズを高く評価しています。

 

果たしてこの味はその評価を維持できるのでしょうか!?

 

お湯を注ぎ3分待ち、フタを開けると…

お~、ごぼうの香りがただよいましたよ~(≧ω≦)

それにより「」を感じられ、否が応にも期待が高まります!

 

では、まずスープを飲んでみましょう。

うん、美味しい

しょうゆ味ですが、非常に鍋らしい味がしますね(*^o^*)

野菜の味が効いたやさしい味わいです。

 

麺は和ラー独自の「高密度製法めん」。

「和ラー 三重 伊勢海老汁風」と全く同じものでしょう。

一本一本の存在感がある麺で、モノしんお気に入り(´∀`)

スープとの相性は問題ありません。

 

具は「鶏つみれ、あられ、ごぼう、ねぎ」。

鶏つみれは大きく、数も十分、食べ応えがありました。味も良いですね。

あられはきりたんぽをイメージしたもの。米の味がして、歯応えがあります。

決してきりたんぽではありませんが、雰囲気はありますし、面白い存在だなと思いました。

ごぼうはカットが小さく、数も少ない印象。もっと大きければすごく良かったんですけどね。

具の全体的な印象としては十分な量があり、ここでも鍋らしさを感じることが出来ましたよ(*^o^*)

■スポンサーリンク■

総評

飛び抜けた美味しさはないものの、きりたんぽ鍋をうまくラーメンとして再現できていて好印象でした。

この「和ラー」シリーズの「日本各地のご当地料理や郷土料理をラーメンにアレンジ」というコンセプトはやはり素晴らしいですね。

自分で食べるのもいいけど、それよりも他の人にも食べてもらってシリーズを盛り上げたい、モノしんはそんな気持ちになってます(´∀`)

 

リピート確率:80%

 

 

ところで!カップ麺も美味しいですが、たまにはお取り寄せグルメなんていかがでしょう(^^)

モノしんの住む北海道と言えば、ジンギスカン



美味いですよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です