【カップ麺】「カップヌードル リッチ 贅沢濃厚うにクリーム」を食べてみた!

こんにちは、モノしんです(o≧▽゚)o

 

今回食べるカップ麺はこれっ!

「カップヌードル リッチ 贅沢濃厚うにクリーム」のパッケージ

日清 カップヌードル リッチ 贅沢濃厚うにクリーム

「カップヌードル リッチ」シリーズの新作はなんとウニ!これまでウニを使ったカップ麺なんてあったでしょうか?実はモノしん、ウニがあまり好きではないんですが(笑)、こんな面白そうなものは食べないわけにはいきません!

価格はコンビニ購入で税込248円。今はそのくらいの値段のカップ麺は珍しくないですが、カップヌードルと考えると高く感じますよね。それに見合った味なのか、確かめてみることにしましょう!

■スポンサーリンク■

「ほぼウニ」は存在感抜群!

パッケージをよく見てみると、こんな表記が。

新具材「ほぼウニ」の表記

新具材「ほぼウニ」が入っているとのこと!ウニ6.9%の使用でほぼウニとは、本当でしょうか?(´∀`;

 

いつも通り、栄養成分表示も見ておきましょう。

「カップヌードル リッチ 贅沢濃厚うにクリーム」の栄養成分表示

1食72g当たり、カロリー350kcal、炭水化物40.0g、食塩相当量4.3gとなっています。普通のカップヌードルと比較すると、内容量は-5g、カロリーは-3kcal、炭水化物は-3.4g、食塩相当量は-0.6g。リッチなのにどれもマイナスというのはちょっと意外です。

 

フタを開けて中を見てみましょう。

「カップヌードル リッチ 贅沢濃厚うにクリーム」調理前

おおっ、オレンジのが新具材「ほぼウニ」ですね!すごい存在感です。一体どんな味なんでしょうね…?

 

フタの上には小袋が付いていました。

「カップヌードル リッチ 贅沢濃厚うにクリーム」の小袋

贅沢仕上げペーストとのこと。どんなものなのか、この袋からはうかがい知ることができません。

 

伏兵はブロッコリー

調理するとこのようになります。

「カップヌードル リッチ 贅沢濃厚うにクリーム」調理後

調理前よりも「ほぼウニ」の存在感が増しています(*´∀`) 小袋の贅沢仕上げペーストは、味と原材料の記載から察するにバターオイルですね。

 

では、食べてみましょう!

 

まずはスープ。うーん?「カップヌードル リッチ」シリーズって毎回わかりやすい美味しさがあったと思うんですが、ちょっとそんな感じじゃないですね。商品名には「濃厚うにクリーム」とありますが、スープからはあまり「濃厚うに」が感じられません。普通に美味しいクリームスープだとは思いますが、期待値には届いていない気がします。

麺はいつものカップヌードルの麺。特に説明の必要はないと思いますが、細く平たい縮れた油揚げ麺です。この麺でなければカップヌードルじゃないですし、スープとの相性は悪くありませんから、基本文句のつけようはありません。ただ、いつもと同じ麺なので値段の高さが余計気になるってのはあるかも(⌒_⌒; スープがすごく美味しければまだ納得もできますが、そうではなかったですからね…。

具は「魚肉練り製品、ブロッコリー」。さて、いよいよ魚肉練り製品こと「ほぼウニ」を食べてみます!…うーん、なるほど、ウニってこんなでしたっけか?モノしん的な感想を正直に言うと、超やわらかいかまぼこって感じでしょうか(´-`;) とにかくやわらかく、ハシで持ち上げるだけでも崩れてしまいかねません。口に入れると溶けていく感じがウニっぽいような気はします。でも結局は魚肉練り製品ですから、味がかまぼこと感じるのもうなずけるところではないでしょうか。「ほぼウニ」よりも感心したのがブロッコリー。これもカップ麺の具材としては珍しいと思いますし、ブロッコリーならではの歯応えや舌触りがなかなか面白く、クリームスープによく合っていて美味しかったです。


総評

食べる前までのインパクトはすごかったですが、食べてみると「カップヌードル リッチ」に期待するほどの美味しさがなく残念でした。もちろん美味しくないわけじゃないんですが、価格を考えると…ですね。ただ、非常に楽しめたのは確か。こういうカップ麺ならではの遊び要素って大事だと思います。リピートは多分ないと思いますが、一度は食べてみてほしい商品ですね(*^o^*)

 

リピート確率:20%

 

 

ところで!カップ麺も美味しいですが、たまにはお取り寄せグルメなんていかがでしょう(^^)

モノしんの住む北海道と言えば、ジンギスカン



美味いですよ!!

■スポンサーリンク■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です