【カップ麺】「マイク・ポップコーン焼そば バターしょうゆ味」を食べてみた!

こんばんは、モノしんです!

 

今回食べるカップ麺はこれ!

マイクポップコーン焼そばのパッケージ

マルちゃん マイク・ポップコーン焼そば バターしょうゆ味

 

ポップコーンシェアNo.1のマイク・ポップコーンとマルちゃんのコラボ商品です。

マイク・ポップコーンをイメージしたパッケージがなんとも楽しく、モノしんはこういうの大好きですΣd(´∀`)

しかしながら、こういう商品は味よりも見た目的なものも多いですからね。果たしてこの商品はどうなのでしょうか?

■スポンサーリンク■

調理前はこんな感じ。

フタを開けてみます。

マイクポップコーン焼そば調理前

うおっ、かなりの太さの麺ですね!

これは相当骨太な食べ応えを予感させます(゚ω゚;A)

 

小袋は4つ!

マイクポップコーン焼そばの小袋

粉末ソース、後入れ粉末ソース、特製油、かやくとなっています。

粉末ソースが2つもあるなんて、なかなか珍しいんじゃないでしょうか。

パッケージをよく見てみると、「「後入れ粉末ソース」をおこのみの量ふりかけて」とのこと。バターしょうゆ感をアップさせるふりかけのような位置付けのようですね。

 

さて、調理して食べてみることにしましょう!

 

ものすごい食べ応え!マイク・ポップコーンの再現度は…?

調理するとこんな感じになりました。

後入れ粉末ソースは全てかけてしまっています。

マイクポップコーン焼そば調理後

やはり麺の迫力がすごいですね!

バターしょうゆの匂いが食欲をそそります(*^o^*)

 

食べてみると…

 

ん?(ノ・人・`)

マイク・ポップコーンってこんな味だったでしょうか?

確かにバターしょうゆ味で、マイク・ポップコーンの味のような気もしますが、違うような気もします。

マイク・ポップコーンも買ってきて食べ比べるべきでしたね(;´д`)ゞ

 

麺は見た目通りのものすごい食べ応え

四角い切り口であることが太さ以上の食べ応えを演出しているように思います。

やや単調なバターしょうゆ味との相性を考えると、麺が強烈すぎてバランスが良くないように感じてしまいました。

 

具は「コーン、キャベツ」。

モノしん的に、コーンとキャベツってカップ麺の無難な具の代表格です。正直、「まさかこの2つだけなんて…」と思ってしまいました(*ノω<*)

超大盛かつとんでもない食べ応えの麺と比較して弱すぎます…。

 

総評

マイク・ポップコーンの味の再現性は置いておいて、バターしょうゆ味はなかなか美味しいです。

ただ、ソース、麺、具のバランスを考えると、麺があまりにも強すぎますね。

量が非常に多い上、ソースの味に深みがなく、具のバラエティもないため、途中で飽きてしまうことに…。

残念ながら、多くのコラボ商品と同じく、ネタ商品の域を出ていないように感じてしまいました(´Д`;)

 

リピート確率:10%

 

マイク・ポップコーンは美味しいですよ( ̄▽ ̄)

 

 

ところで!カップ麺も美味しいですが、たまにはお取り寄せグルメなんていかがでしょう(^^)

モノしんの住む北海道と言えば、ジンギスカン



美味いですよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です