【カップ麺】「MEGA豚 どトンコツラーメン」を食べてみた!

こんにちは、モノしんです!

 

今回食べるのはこれっ!

MEGA豚 どトンコツラーメンのパッケージ

エースコック MEGA豚 どトンコツラーメン!!

 

エースコックの「MEGA」シリーズの商品。

「豚」を「とん」と読ませることで、「メガトン どトンコツ」となるわけですね(^0^)

なかなか素晴らしいネーミングではないですか!モノしん好みのセンスです(笑)

■スポンサーリンク■

明らかに異質な液体スープの小袋!

では、フタを開けて中を見てみましょう。

MEGA豚 どトンコツラーメン調理前

小袋が粉末スープまみれになってますね…。

こういうのたまにありますが、なんとかならんのでしょうか(’~`;)

 

小袋を取り出してみると…

MEGA豚 どトンコツラーメンの後入れ液体スープ

!?

写真からは分かりませんが、明らかに液体じゃないものが入っている感じ(°◇°;)

これはタダものじゃない、そう感じさせるものがありますね!

 

豚レバー!やっぱタダものじゃなかった!

待ち時間の2分が経ったら、フタの上で温めた後入れ液体スープを手早く入れましょう。

そして完成した状態がこれ。

MEGA豚 どトンコツラーメン調理後

真ん中のザラついたものが後入れ液体スープですが、色といい質感といい、異様な雰囲気を放っています(笑)

 

まっ、まずは後入れ液体スープを避けてスープを飲んでみましょう(°◇°;)

 

うん、なかなか美味しい。ちゃんとトンコツの旨みを感じます。でも、商品名からイメージするような強烈さはありません

やはり決め手は後入れ液体スープなのでしょうか?

 

試しに後入れ液体スープだけなめてみると…

 

w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w

 

強烈!めっちゃレバーです!!

 

いやー、驚きです。カップ麺でこんなレバーを味わうことになろうとは。

後入れ液体スープをしっかりと溶かし再度スープを飲んでみると、明らかに深みが増し美味しくなりました!

しかしながら、思ったよりもレバーの味は引っ込んでしまった感じがしますね。

 

麺は細い油揚げ麺。トンコツラーメンらしい麺と言えますね。

食べてみると、スープとの相性は当然良いです。

うーん、でも、本当にトンコツラーメンらしい麺かというと、ちょっとイメージと違う気もしますね。

モノしんのイメージするトンコツラーメンの麺は、もっと粉っぽく、もっと縮れがない麺です。そういう麺だったなら、さらにスープとの相性が良く美味しかったのではと思ってしまいました。

 

具は「鶏・豚味付肉そぼろ、ごま、揚げ玉、ねぎ、キクラゲ」。

バラエティ豊かにトンコツラーメンらしい具が揃っていますが、ちょっと細々している印象。そのため、具をしっかり味わうには、意識して食べる必要があります。

キクラゲはもっと大きいものが入っていてほしかったですね。


総評

なんと言っても、強烈レバーの後入れ液体スープが印象的な一杯でした。

もちろん、そのインパクト頼みというわけでもなく、味もしっかり伴っていましたよ(´∀`)

少し気になったのは、後入れ液体スープを完全に溶いてしまうと、思った以上にせっかくのレバー感が消えてしまうこと。

軽く溶かすか、あるいは全く溶かさずに麺を絡めて食べると、レバーをしっかり味わえてもっと美味しかったんじゃないのかなあと思います。

それを試すためにも、販売期間が終わる前にもう一度は食べたいところですね!

 

リピート確率:90%

 

 

ところで!カップ麺も美味しいですが、たまにはお取り寄せで贅沢グルメなんていかがでしょう(^^)

モノしんの住む北海道と言えば、やはり海鮮

ギフトにもいいかもしれませんね(^^)

■スポンサーリンク■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です