【カップ麺】カルディの「黒酢香る 上海風葱油あえ麺」を食べてみた!

こんにちは、モノしんです!

 

今回食べるカップ麺はこれヾ(´^ω^)ノ

「黒酢香る 上海風葱油あえ麺」のパッケージ

カルディコーヒーファーム 黒酢香る 上海風葱油あえ麺

 

カルディコーヒーファームにて税込194円で購入。先日レビューした「レモングラス香る冷やしあえ麺」と同じく、カルディを運営するキャメル珈琲とサンヨー食品が共同開発したオリジナル商品となります。

「レモングラス香る冷やしあえ麺」はオリジナリティが非常に高く素晴らしい商品でした。

 

この商品はどうなのか、試してみることにしましょう!

■スポンサーリンク■

塩分低めは嬉しいが、かやくがない!?

まずはパッケージを観察してみると、このパンダ。

「黒酢香る 上海風葱油あえ麺」のパンダ

なんだか微妙なタッチです(笑)中華風とかならわかりますが、上海風でパンダってのはどうなんですかね?上海にはパンダがいるんでしょうか。…調べてみると、上海にはパンダを飼育している動物園が2つもあるみたいです(゚∀゚;)

 

栄養成分表示を見てみましょう。

「黒酢香る 上海風葱油あえ麺」の栄養成分表示

内容量86g、カロリー399kcal、食塩相当量3.0g。日清U.F.O.と比較すると、内容量は-42g、カロリーは-157kcal、食塩相当量は-2.9gとなっています。量が少なそうですが、その分以上に塩分が低いのは嬉しいところですね!

 

調理前の麺はこんな感じ。

「黒酢香る 上海風葱油あえ麺」調理前

いたって普通の油揚げ麺といった見た目です。

 

小袋は2つ。

「黒酢香る 上海風葱油あえ麺」の小袋

調味だれと特製ふりかけです。なんと、かやくがない!もちろん、麺と一緒にあらかじめ入っているということもありません。うーん、ちょっと不安になってきますね…。

 

特徴的なたれ!これが上海の味?

調理するとこのように!

「黒酢香る 上海風葱油あえ麺」調理後

さっ、寂しい…(´;ω;`)

黒っぽいものは特製ふりかけである揚げ葱となります。

 

とっ、とにかく食べてみましょう!!

 

たれの味ですが、豚ベースのしょうゆ味に葱油の風味がしっかり効いていて、さらに黒酢や香辛料によりアジアンを感じる仕上がりとなっています。上海には行ったことないですし、上海料理というものも意識して食べたことはないですが、こんな感じなんでしょうかね?独特ですが、美味しいです。モノしんは気に入りました(^^)

麺は調理前の感想通り、普通の油揚げ麺です。本当にこれといった特徴はないのですが、その分特徴のあるたれの邪魔をしませんし、これはこれで良いのかなと。

具はありませんが、その代わりに結構存在感のあるふりかけ。揚げ葱ですが、焦げた苦味が絶妙なアクセントとなっており、さらに葱の風味がたれの葱油の風味を補強します。これはなかなか優秀なふりかけなんじゃないですかね。

ボリュームは内容量からも想像できましたが、やはり少なめ。ちょっと物足りなさが残ります。


総評

「レモングラス香る冷やしあえ麺」と同様にオリジナリティ溢れる商品でした。気になるのは税込194円という価格。普通の油揚げ麺で量が少なくさらに具もないことを考慮すると、ちょっと割高に感じますね。一度食べることはオススメしますが、リピートは五分五分ですかね。

 

リピート確率:50%

 

 

ところで!カップ麺も美味しいですが、たまにはお取り寄せで贅沢グルメなんていかがでしょう(^^)

モノしんの住む北海道と言えば、やはり海鮮

ギフトにも是非どうぞ!!(^^)

■スポンサーリンク■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です