【アクアリウム】【後編】祭出身のニューカマー!先住者との相性は?

こんにちは、モノしんです(v^ー゚)

 

今日はこの記事の続き!

 

お祭りのどじょうすくいで捕ってきた2匹のどじょう。心身共にダメージを受けて弱っていたため隔離して回復を試みましたが、果たしてどうなったでしょうか?

■スポンサーリンク■

明暗は分かれた

元気のないどじょう

2匹とも弱ってはいましたが、写真を見れば左のどじょうのほうが状態が良くないのは一目瞭然ですよね。

隔離1日目にして2匹の明暗は分かれました。右のどじょうは活発に動くようになり餌を食べるようにもなりましたが、左のどじょうは横たわってしまうようになり当然餌を食べることもできません。

その時点では慎重を期し0.2%の塩水で塩浴をさせていましたが、そのまま死なせてしまうくらいならと、弱った1匹のみをまた別の容器に隔離し、0.5%の塩水で塩浴させました。

0.5%塩浴中のどじょう

…しかしその対応もむなしく、命を救うことはできませんでした。最初から0.5%の塩浴をさせていれば救うことはできたのか、それとも別な方法で救うことはできたのか、今となってはわかりませんが可哀想なことをしました。

残る1匹については元気一杯で病気の兆候も認められなかったため、当初は1週間隔離飼育をするつもりでしたが、それを待たずにコリドラス水槽へ引っ越しさせました。

 

生活圏がかぶるコリドラスとの共生は可能?

コリドラス水槽に引っ越した残る1匹ですが、入れた直後は落ち着かない様子だったものの、しばらくするとのんびりリラックスし始めました(*^o^*)

コリドラス水槽に引っ越したどじょう

ここで心配なのは元々水槽にいる生き物たちとの相性です。どじょうを入れた時点での先住者は、アカヒレ3匹、青コリドラス2匹、レッドラムズホーン多数。押さえておかなければならないことは、どじょうは温和な性格で他の生き物を積極的に攻撃するようなことはなく、水槽の底のほうで生活する魚だということです。

まずレッドラムズホーンについては相性の問題が起こることは想定していません。レッドラムズホーンの卵をどじょうが食べてしまうことがあるようですが、元々コリドラス水槽ではレッドラムズホーンが増えすぎないようにモノしんが卵を駆除していたので、むしろ好都合です。

次にアカヒレですが、彼らは水槽の中層辺りを好みます。また、違う種類の生き物に対して攻撃をするようなことはないので(アカヒレ同士では追い回したりすることがある)、おそらくは問題ないでしょう。

さて、問題は青コリドラスです。彼らは水槽の底で生活するので、どじょうと生活圏がかぶるんですね。ただし性格はどじょうと同じく温和なため、ケンカするようなことはないのでは、というのがモノしんの期待です(´-ω-`;)


今のところ問題なし!

数日間様子を見てみましたが、どじょうと青コリドラスは問題なく共生できています。仲良く暮らしているというよりは、無関心って感じですね(笑) もちろん、アカヒレやレッドラムズホーンとも問題ありません。

ちなみに、どじょうはコリドラスと同じ餌(コリドラス用の底に沈む餌)を食べます。

餌を与えるとすぐに食べ始めるどじょうに対し、青コリドラスはのんびりしていて少し時間が経ってから食べ始める傾向があります。まだ試行錯誤しているところですが、餌の量や与え方は少し考えないと青コリドラスの食べる量が不足してしまうかもしれません。

 

まとめ

弱っていた2匹のどじょう、1匹死なせてしまったのは残念でしたが、もう1匹は元気になってコリドラス水槽に馴染んでくれたようなので良かったです。観察してみると見た目やしぐさが思った以上に可愛くて大満足。近々動画を撮ってMONOSHIN chにアップしたいと思っていますのでお楽しみに!

 

 

『モノしんのインドア趣味BLOG』はエックスサーバーを利用しています!

ブログやるならエックスサーバーがオススメです(*^-゚)v

■スポンサーリンク■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です