【カップ麺】「日清焼そばU.F.O.大盛 チャーハン味焼そば」を食べてみた!

こんにちは、モノしんです(*^-゚)v

 

今回食べるカップ麺はこれ!

「日清焼そばU.F.O.大盛 チャーハン味焼そば」のパッケージ

日清焼そばU.F.O.大盛 チャーハン味焼そば

 

チャーハン味の焼そば!まあ、最近はいろんな味のカップ焼そばが出ていますから、今更そのくらいでは驚きません(笑) どんな味かも想像しやすいですよね。評価の鍵はどのくらいチャーハンを再現できているかになってきそうです。

■スポンサーリンク■

大盛ながらノーマル比で塩分増はわずか

まずは栄養成分表示を見てみます。

「日清焼そばU.F.O.大盛 チャーハン味焼そば」の栄養成分表示

内容量153g、カロリー755kcal、食塩相当量6.3g。ノーマルU.F.O.と比較すると、内容量は+25g、カロリーは+199kcal、食塩相当量は+0.4gとなります。大盛商品ではありますが、塩分がそれほど増えていないのは嬉しいポイントですね。

 

フタを開けてみましょう。

「日清焼そばU.F.O.大盛 チャーハン味焼そば」調理前

麺はノーマルU.F.O.と同じに見えます。若干黄色い気もしますが…。麺の原材料をノーマルU.F.O.と比較すると、こちらの麺にはオニオンパウダーが加えられているようです。

U.F.O.らしくかやくはあらかじめ入っているタイプであり、湯切り時の流出を抑えるために麺の中や下に入っているのも同じです。

 

小袋は2つ。

「日清焼そばU.F.O.大盛 チャーハン味焼そば」の小袋

調味オイルと粉末ソースとなります。

 

再現度高し!まさにチャーハン!

調理するとこのように。

「日清焼そばU.F.O.大盛 チャーハン味焼そば」調理後

香りはもろにチャーハン!目を閉じて嗅げばチャーハンでしかありません(≧∇≦)

 

では、食べてみましょう!

 

匂いと同じように、ソースの味もチャーハン!パッケージに「まるで炒め味!!」と書いてある通り、炒めた風味の再現度がすごいです。それだけでなく、味自体もまさにチャーハンと言えるもの。いろんな味のカップ焼そばがありますが、ここまでドンピシャな味なのも珍しいんじゃないでしょうか。

麺はノーマルU.F.O.と同じ印象ですね。しっとりモチモチとしていて、油揚げ麺ばなれしたとても美味しい麺です。チャーハン味のソースとの相性もいいですね。オニオンパウダーが加わっているのは正直実感できませんでしたが、隠し味としてチャーハンの味を補強しているのかもしれません。

具は「味付卵、味付豚肉、キャベツ」。味付卵は薄味ですがしっかりと卵の風味がし、チャーハン味にはぴったり。粒は大きく食べ応えがあり、良い具だと思います。味付豚肉はノーマルU.F.O.に入っているものと同じような薄い形状のもので、あまり食べ応えがありません。焼豚チャーハンに入っているような角切り肉が欲しかったですね。キャベツもカットが細かいために存在感がありません。


総評

評価の鍵はチャーハンの再現度と始めに書きましたが、であれば文句なしの満点ですね。具がパワー不足なのは残念ですが、それを補って余りある味の完成度だと思います。チャーハンの味が恋しくなった時の選択肢として、レギュラー商品化してほしいくらいです。

 

リピート確率:100%!

 

 

ところで!カップ麺も美味しいですが、たまにはお取り寄せで贅沢グルメなんていかがでしょう(^^)

モノしんの住む北海道と言えば、やはり海鮮

ギフトにも是非どうぞ!!(^^)

■スポンサーリンク■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です