【カップ麺】「カップヌードル 黄金鶏油 鶏塩」を食べてみた!

こんにちは、モノしんです(o≧▽゚)o

 

今回食べるカップ麺はこれ!

「カップヌードル 黄金鶏油 鶏塩」のパッケージ

日清 カップヌードル 黄金鶏油 鶏塩

先日鶏油を使用した汁なしカップ麺「MEGA鶏 濃厚鶏まぜそば」のレビューをしたばかりですが、日清からは鶏油を使用したカップヌードルが発売されました。

 

最近鶏油が流行ってるのかどうかは知りませんが、モノしん的に結構好きなので期待が高まるところです。

ちなみに、日清食品ホールディングスは東京2020オフィシャル麺パートナーということで、オリンピックや金メダルをイメージしたパッケージになっていますね。

■スポンサーリンク■

かやくの多さが印象的

まずは栄養成分表示を見てみます。

「カップヌードル 黄金鶏油 鶏塩」の栄養成分表示

1食76g当たり、カロリー343kcal、炭水化物43.8g、食塩相当量4.9g。通常のカップヌードルと比較すると、内容量は-2g、カロリーは-8kcal、炭水化物は-0.7g、食塩相当量は-0.3gとなっており、ほどんど同じと言っていいレベルですね。

 

フタの上には黄金鶏油の小袋が。

「カップヌードル 黄金鶏油 鶏塩」の小袋

鶏油は「チーユ」と読むのでお間違えのないように(´▽`)

 

フタを開けて中を見てみましょう。

「カップヌードル 黄金鶏油 鶏塩」調理前

かやくが少ないカップ麺が多い中、「カップヌードル」シリーズのかやくの賑やかさはとても印象的です。

 

この味には覚えがある

調理するとこのようになりました。

「カップヌードル 黄金鶏油 鶏塩」調理後

黄金鶏油を混ぜてしまった状態です。鶏油の香りはちょっとするレベルでしょうか。

 

では、食べてみましょう!

 

まずスープですが、正直、鶏油の存在感は期待するほどではありません。しかし、鶏の旨味はしっかりあります。よくよく味わって思ったんですが、この舌に残る味はチキンラーメン…。まあ、鶏=チキンなわけで、当然と言えば当然かもしれませんが。

麺はいつものカップヌードルの麺です。太さが何種類かありますが、通常のカップヌードルと同じものでしょうかね。スープがチキンラーメン似と気付いてからは、スープがチキンラーメンのカップヌードル、あるいは麺がカップヌードルのチキンラーメンと思えてしまいますが、それはそれで夢の競演って感じで悪くないですね(笑)

具は「味付鶏つくね、きくらげ、味付卵、ねぎ」。かやくのところで述べた通り、かなり賑やかです。賑やかなだけじゃなく、食べてもGOOD。鶏つくねは単体で十分美味しいですし、きくらげのコリコリした食感や卵のふわふわ食感、他の商品だと存在感が消えがちのねぎも大きく、それぞれ存在感があってとても良い具だと思いました。

 

総評

先日レビューした「MEGA鶏 濃厚鶏まぜそば」と比較してしまうと、鶏油の効きは期待外れです。が、美味しさはなかなかのもの。パッケージから想像するような派手な味ではなく、飽きの来ないスタンダードな美味しさという印象で、モノしんとしてはレギュラー商品にしてほしいと思うくらい気に入りました。なくなってしまう前にあと何回かは食べたいですね。

 

リピート確率:100%!

 

 

『モノしんのインドア趣味BLOG』はエックスサーバーを利用しています!

ブログやるならエックスサーバーがオススメです(*^-゚)v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です