【カップ麺】「闘牛脂監修 牛まぜそば 大盛」を食べてみた!

こんにちは、モノしんです。

 

今回食べるカップ麺はこちら!

「闘牛脂監修 牛まぜそば 大盛」のパッケージ

明星 闘牛脂監修 牛まぜそば 大盛

 

ローソンにて243円で購入。

栄養成分表示を見てみましょう。

「闘牛脂監修 牛まぜそば 大盛」の栄養成分表示

カロリー759kcal、食塩相当量9.5g。

カロリーはともかく、塩分がかなり高めですね。汁なし麺はスープを残してカロリーや塩分の摂取量を少なく抑えるということができないので、その日の塩分摂取量を意識して食べる必要がありそうです(°◇°;)

■スポンサーリンク■

インパクト大の極太油揚げ麺!

では、まずは調理前の観察から。

「闘牛脂監修 牛まぜそば 大盛」調理前

かなりの極太麺ですね~。

モノしんは太い油揚げ麺があまり好きではないので、ちょっと心配になります。

かやくはあらかじめ入っているタイプですね。

 

小袋は2つ。

「闘牛脂監修 牛まぜそば 大盛」の小袋

液体ソースと卵黄ソースです。

卵黄ソースは最近のカップ麺のちょっとした流行なのか、よく見かけるものですね。

 

しっかり感じる牛の存在感が好印象!

調理するとこのように。

「闘牛脂監修 牛まぜそば 大盛」調理後

なかなか美味しそう。卵黄ソースも彩りとして映えていて良いですね(^0^)

牛を感じる香りがただよい、食欲をそそります。

 

では食べてみましょう!

 

ソースはしっかり牛のだしが効いています。なかなかカップ麺では味わうことのできない強さなんじゃないでしょうか。

味的には甘じょっぱい感じですが、しょっぱ味がかなり強く、9.5gの食塩相当量を感じるところ(;´д`) 卵黄ソースがかかっている部分はそのしょっぱさがマイルドとなってちょうどいい味になります。

ソースを総合的に見ると、しょっぱすぎるのが少し気になるものの、商品イメージ通りの牛の存在感が好印象でした。

 

そして気になる麺。

うーん、見た目通りの食べ応え。かなりゴワゴワした口当たりです。太い油揚げ麺はそうなりがちですが、モノしんが太麺を苦手とする理由がまさにそれなんですよね。力強いソースには合っている気もしますが、モノしん的にはマイナス評価せざるを得ないところです(><)

 

具は「キャベツ、味付牛肉」。

麺の圧倒的なボリュームと比べると、小さく少ないです。味付牛肉を単独で食べるとなかなか美味しい味であることがわかりますが、麺と一緒に食べると全く存在感がありません…。キャベツは歯応えでかろうじて存在を感じる程度です(´Д`υ)


総評

ここまで牛を前面に押し出した汁なしカップ麺は今まで覚えがなく、ソースの味もしっかり美味しかったので、その点はすごく良かったと思います。

しかし、極太の油揚げ麺の口当たりがモノしんにはどうしても馴染めず、商品の総合的な評価としては微妙になってしまいます…。このソースを違う麺で食べてみたいと、強く思ってしまいました。

 

リピート確率:10%

 

 

ところで!カップ麺も美味しいですが、たまにはお取り寄せで贅沢グルメなんていかがでしょう(^^)

モノしんの住む北海道と言えば、やはり海鮮

ギフトにも是非どうぞ!!(^^)

■スポンサーリンク■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です