【カップ麺】「QTTA わさび&ビーフ味」を食べてみた!

こんにちは、モノしんです(^▽゚*)

 

今回食べるカップ麺はこれっ!

「QTTA わさび&ビーフ味」のパッケージ

マルちゃん QTTA わさび&ビーフ味

QTTAの新作!いつも他にはなかなかない味をぶっこんでくるQTTA。前回レビューしたハンバーガー味ほどではないものの、今回のわさび&ビーフ味もカップ麺としてはかなり目新しいですよね。一体どんな味なのか、試してみることにしましょう(^^)

■スポンサーリンク■

調理前のわさび感はわずか

まずは栄養成分表示を見てみます。

「QTTA わさび&ビーフ味」の栄養成分表示

1食84g当たり、カロリー371kcal、炭水化物52.5g、食塩相当量4.8g。日清 カップヌードルと比較すると、内容量は+7g、カロリーは+18kcal、炭水化物は+9.1g、食塩相当量は-0.1gとなっています。特筆すべき違いはなさそうですね。

 

フタを開けて中を見てみましょう。

「QTTA わさび&ビーフ味」調理前

粉末スープとかやくはあらかじめ入っています。見た目からはわさびの存在はまったくわかりませんが、匂いをかいでみるとほんのりとわさびの香りがしますね。

 

わさびとビーフの相性とは

調理するとこのようになりました。

「QTTA わさび&ビーフ味」調理後

調理前よりもはっきりとわさびの香りが感じられます!見た目はちょっと地味ですかね。パセリの色合いが唯一の救いでしょうか。

 

では、食べてみましょうヾ(´^ω^)ノ

 

まずスープですが、ビーフのうまみがしっかり感じられます。モノしんとしては、飛行機の機内サービスで飲めるビーフコンソメスープを連想しました。そしてなかなか強烈なわさび!しかし必要以上にツーンとくることもなく、絶妙な効き具合と感じます。非常に美味しいし鮮烈です。でも、わさびとビーフの相性ってどうなんですかね?それぞれがバラバラに主張してきてる感じがします。どちらかがもう少し引いたほうが、普通に考えれば薬味であるわさびのほうでしょうが、そのほうがバランスが良いのではと思ってしまいました。

麺はQTTAシリーズならではのもの。幅広の平たい麺で、つるみがありなめらかな食感が特徴です。おそらくはいろんな味のスープに無難に合う麺であり、今回も例外ではありません。商品情報には「ラードの香ばしい風味がする」とありますが、それはあまり感じませんでした(⌒_⌒; スープのわさびのせいですかね(笑)

具は「ポテト、味付挽肉」。うーん、どちらも美味しいし量もそこそこですが、やっぱり2種類はちょっと寂しいですね。上述した通り、見た目も地味ですし。具としてはカウントされていないパセリですが、味への寄与はほとんどなさそう。やはり彩りとしての役割が大きそうです。

 

総評

QTTAシリーズの新しい味の開拓は今回もうまくいったようですね!非常に美味しかったです。わさびとビーフの相性には疑問を感じてしまいましたが、少なくとも悪くはないですし、わさび&ビーフという味をしっかり表現できていて好印象を抱きました。是非また食べたいですね。

 

リピート確率:100%!

 

 

わさびとビーフといえばやっぱりこれですよね(笑)

■スポンサーリンク■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です