【カップ麺】トップバリュの「トムヤムクンヌードル」を食べてみた!

こんにちは、モノしんです(^з<)

 

今回食べるカップ麺はこれ!

「トムヤムクンヌードル」のパッケージ

トップバリュ トムヤムクンヌードル!

****************************

このブログを気に入ってモノしんを直接支援したい!という方がいらっしゃいましたら、下のボタンからお願いいたします!

Amazonアカウントをお持ちであれば、Amazonでのお買い物と同じ要領。
受取人のEメールアドレスに「monoshinshien@gmail.com」を入力していただければモノしんに届きます。

****************************

トップバリュのPB商品です。これまでトップバリュのエスニックな商品は「World Dining」シリーズとして売られていたと思うんですが、これは違うようですね。

前回「日清旅するエスニック 具付き3食 トムヤムクン」をレビューした流れでのトムヤムクン味レビューとなりますが、どんな味の違いがあるかは気になるところですよね!

 

■スポンサーリンク■

明確な比較対象

まずは栄養成分表示を見てみます。

「トムヤムクンヌードル」の栄養成分表示

1食70g当たり、カロリー310kcal、炭水化物41.3g、食塩相当量4.5g。非常に似た存在である「日清 カップヌードル トムヤムクンヌードル」と比較すると、内容量は-5g、カロリーは-44kcal、炭水化物は-3.3g、食塩相当量は-0.5gとなっています。全ての値が下回っていますが、中でもカロリーの低さが目立ちますね。これは結構嬉しいポイントだと思います。

 

フタの上には小袋が。

「トムヤムクンヌードル」の小袋

調味油となっています。「日清 カップヌードル トムヤムクンヌードル」もフタ上にトムヤムペーストの小袋が付いてたはずですね。

 

フタを開けて中を見てみましょう。

「トムヤムクンヌードル」調理前

粉末スープとかやくがあらかじめ入っているタイプですね。なかなか賑やかで好印象。麺はカップヌードルの麺にかなり近いように見えます。えびもそれっぽいですし、正直言って、「日清 カップヌードル トムヤムクンヌードル」と比較するなって言うほうが無理な相談です。

 

酸味が強くあっさり

調理するとこのようになりました。

「トムヤムクンヌードル」調理後

見た目は日清勢と結構違いますね。日清のはカップヌードルも前回レビューした袋麺も透き通っていないスープなんですが、この商品は透き通ったスープです。また、小袋の中身も異なり、日清のトムヤムペーストはペースト状ですが、この商品のはパッケージにトムヤムペーストって書いてるにもかかわらず調味油の名の通り本当に油です。

 

では食べてみましょう!

 

まずスープですが、透き通った見た目通り、あっさり味。辛さはそこそこ、それよりも酸味が目立ちますね。日清のはカップヌードルも袋麺も辛味と酸味のバランスが良く濃厚な味わいなので、全然違います。単純に考えれば日清のほうが美味しいと言えるでしょうが、この商品のスープも個性的でこちらが好きって人がいてもおかしくはありません。

麺は間違いなくカップヌードル系です(^^; 同時に食べれば違いもあるでしょうが、単独で食べるとどう違うかわかりません。したがって、美味しさも同じです。

具は「えび、赤ピーマン、ねぎ」。そうです、辛そうな赤いものは唐辛子ではなく赤ピーマン(笑) 当然辛くはありません。正直、乾物っぽさがあってあんまり美味しくはないです。しかし、えびはなかなか。歯応え良く旨味もあり、前回レビューした「日清旅するエスニック 具付き3食 トムヤムクン」に入っていたおまけ的なえびと比較すると上等なもののように感じました。

 

総評

何かにつけて日清のトムヤムクンヌードルと比較してしまいましたが、スープにちゃんと個性があり、価格目的ではなくこの味を求めあえてこっちを買うってのも全然ありだと思いました。ちなみに価格は税抜98円と安く、コストパフォーマンスはかなり高いです。数量限定ってのが気になるところですが、また見かけたらきっと買うと思います。

 

リピート確率:80%

 

 

ところで!カップ麺も美味しいですが、たまにはお取り寄せグルメなんていかがでしょう(^^)

モノしんの住む北海道と言えば、ジンギスカン



美味いですよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です