【カップ麺】「マルちゃん正麺 カップ 辛ニボ」を食べてみた!

こんにちは、モノしんです(´∀`*)

 

今回食べるカップ麺はこれ!

「マルちゃん正麺 カップ 辛ニボ」のパッケージ

東洋水産 マルちゃん正麺 カップ 辛ニボ

マルちゃん正麺の辛い味。発売は2020年9月7日で、2021年3月8日にリニューアルされています。ベースとなる味は豚骨醤油ですが、それに加わるのが辛味と煮干しで、少々珍しい組み合わせですよね。パッケージ的にかなり辛そうな感じもしますが、どんなもんか、試してみることにしましょう!

■スポンサーリンク■

内容量のわりにカロリーは控えめ

まずは栄養成分表示を見てみます。

「マルちゃん正麺 カップ 辛ニボ」の栄養成分表示

1食122g当たり、カロリー443kcal、炭水化物63.5g、食塩相当量6.3g。「マルちゃん正麺 カップ 芳醇こく醤油」と比較すると、内容量は+3g、カロリーは+49kcal、炭水化物は+2.5g、食塩相当量は-0.1gとなっています。正麺同士での比較ではカロリーが目立って高いですが、これより内容量の少ない「日清 カップヌードル ビッグ」と比較するとむしろ低く、それは1つ嬉しい点と言えそうです。

 

フタを開けて中を見てみましょう。

「マルちゃん正麺 カップ 辛ニボ」開封

小袋を取り出すと…

「マルちゃん正麺 カップ 辛ニボ」調理前

正麺自慢の「生麺ゆでてうまいまま製法」の麺ですね。

 

小袋は3つ。

「マルちゃん正麺 カップ 辛ニボ」の小袋

液体スープに後入れの粉末スープ、そしてかやくです。

 

スープも麺も完成度高し

調理するとこのようになりました。

「マルちゃん正麺 カップ 辛ニボ」調理後

見た感じ、かな~り辛そうですね~(^^; 具がかなり寂しいことになっていますが、本当はもうちょっとあります。下に沈んでしまい、スープが不透明なので救い出すのも難しかったのです…。

 

では、食べてみましょう!

 

まずはスープですが、見た通り結構辛いです。モノしん、辛いの苦手ではあるんですが、最近ちょっと強くなってきた(鈍くなってきた?)こともあり、麺は食べきることができました。とは言えスープをたくさん飲むのはきつかったですし、辛さに弱い人にはオススメできません。煮干しはしっかりと存在がわかります。パッケージには「山椒を加えた」と書いてありますが、言われれば確かに入っているなと感じるレベルですかね。全体的には、辛いながらもちゃんと美味しい高レベルなスープだと思います。

麺は中太に見えますが、平たい形状で、やや細めに感じます。正麺ならではの製法で、つるみがあって適度なコシがあり、非常においしい麺です。ただ1つ、麺同士が絡んでほぐれづらかったのがちょっと気になりました。

具は「味付挽肉、ねぎ」。種類的には物足りないですが、それぞれ量はそこそこ。味付挽肉は大ぶりで味も良く、結構満足感を得ることができました。スープと麺のクオリティを考えると、まあこんなものかなと納得もできるでしょう。

 

総評

辛いですが、美味しかったです。正麺なので麺が美味しいのはもちろんですが、辛い中でも煮干しがしっかり効いたスープは何度も口に運びたくなる中毒性があります。辛いの苦手でなければ、もっと飲みたかったですね。もう1度食べる可能性はかなり高いと思います。

 

リピート確率:80%

 

 

ところで!カップ麺も美味しいですが、たまにはお取り寄せで贅沢グルメなんていかがでしょう(^^)

モノしんの住む北海道と言えば、やはり海鮮

ギフトにも是非どうぞ!!(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です