【カップ麺】「カップヌードル 海老の濃厚トマトクリーム」を食べてみた!

こんにちは、モノしんです(*^-゚)v

 

今回食べるカップ麵はこれっ!

「カップヌードル 海老の濃厚トマトクリーム」のパッケージ

日清 カップヌードル 海老の濃厚トマトクリーム

カップヌードルシリーズの新作。海老とトマトを組み合わせたカップ麵というのも珍しいかもしれませんが、前回レビューしたQTTAのわさび&ビーフと比較してしまうとちょっと地味に思えてしまいますね(⌒_⌒;

 

どんなもんか、試してみることにしましょう!

■スポンサーリンク■

賑やかなかやくに期待大

まずは栄養成分表示を見てみましょう。

「カップヌードル 海老の濃厚トマトクリーム」の栄養成分表示

1食80g当たり、カロリー372kcal、炭水化物48.9g、食塩相当量4.4g。普通のカップヌードルと比較すると、内容量は+3g、カロリーは+19kcal、炭水化物は+5.5g、食塩相当量は-0.5gとなっています。

 

フタを開けて中を覗いてみます。

「カップヌードル 海老の濃厚トマトクリーム」調理前

粉末スープ、かやくがあらかじめ入っているのはカップヌードルとしていつも通り。見た感じ、かやくは量が多くて彩りも良く、期待が膨らむものですね。

 

スープに海老を感じない

調理するとこのようになりました。

「カップヌードル 海老の濃厚トマトクリーム」調理後

調理後も具の存在感がありますね!非常に食欲をそそる見た目でGOODです。

 

では、食べてみましょう!

 

まずスープ。うーん、かなりマイルドですね。商品名には「海老」、「トマト」、「クリーム」というキーワードが出てきますが、その中で一番目立っているのがクリーム。正直、スープ中に海老の存在はほとんど感じません。トマトは酸味で存在を感じることができますが、それもほんのわずか。このスープを端的に表すとすれば、「トマトの酸味を若干感じるクリームスープ」って感じでしょうかね。美味しいんですが、インパクトには欠けます。

麺はいつものカップヌードルのもの。いろんなスープに無難に合う麺ですが、洋風のスープとは特に合うんですよね。ですので、今回のスープとの相性はかなり良いと思います。

具は「味付えび、トマト加工品、ブロッコリー、味付卵」。味付えびは通常のカップヌードルに入っているものと同じだと思いますが、歯応えが良く旨味があり、量も多くて満足。それよりも特筆すべきはブロッコリーですかね。うにクリームのカップヌードルにも入っていて感心したものですが、ブロッコリーならではの歯触りが素晴らしく、甘味もあってとても美味しかったです。

 

総評

美味しいんですが、インパクトには欠ける味でした。まあ、インパクトがあればいいってものでもないですが、前回のカップ麵がインパクト大だったので、どうしてもそれを求めてしまいますね(´Д`ι) スープに海老の存在感がもっとあってトマトの酸味ももっと効いていたら、面白い味だったかもしれませんね。

 

リピート確率:30%

 

 

ところで!カップ麺も美味しいですが、たまにはお取り寄せで贅沢グルメなんていかがでしょう(^^)

モノしんの住む北海道と言えば、やはり海鮮

ギフトにも是非どうぞ!!(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です