【ペット用品】ペット用ヒーター「暖突」を購入!箱の中身はどんなかな?

こんにちは、モノしんですσ(゚ー^*)

 

先日、このようなものを購入しました。

「暖突 Mサイズ」のパッケージ

みどり商会 暖突 Mサイズ

メジャーな製品なので知っている方も多いと思いますが、主に爬虫類に使用する暖房器具となります。

現時点ではモノしん家にこれを使用すべき生き物はいないんですが、ちょっと考えがあり購入。価格はAmazonにて5,372円でした。

実際に使用するのはまだ先ですが、せっかくなので開封しつつどんなものなのか紹介したいと思います。いわゆる開封の儀ですね(笑)

■スポンサーリンク■

32Wで100Wの保温球相当の省エネ暖房

まずはパッケージをよく見てみましょう。

上に掲載した写真と同じものですが、これが表面。

「暖突 Mサイズ」のパッケージ

設置時のイメージイラストが描かれています。それを見てもらうとわかりますが、暖突はケージの天井に取り付けて下にいる生き物を暖める器具になります。

裏面はこんな感じ。

「暖突 Mサイズ」のパッケージ裏

製品の情報がいろいろと書いていますね。

一部拡大してみましょう。

「暖突 Mサイズ」の保温性能

気になる保温性能のデータ。20℃の室温において、暖突の30cm下の温度が24℃になるとのこと。うーん、どうでしょうね。思ったより暖かくならないような感じもします。あまり高さのあるケージだと効果が薄いかもしれません。

電気代も気になりますよね。

「暖突 Mサイズ」の電気代

ほぼ同じ熱効率だという100Wの保温球との比較が書いてあります。24時間つけっぱなしでの1カ月の電気代が、100W保温球1,360円に対し暖突Mサイズは437円とのこと。これはかなり違いますね!そして「MADE IN JAPAN」の記載が。日本製だとやっぱり信頼感があります。

 

箱の中身はシンプル

では、箱を開けて取り出してみましょう。

「暖突 Mサイズ」を取り出す

横幅びっちりサイズ。

全部取り出すと…

「暖突 Mサイズ」の内容

縦は電源コードがある分箱よりも小さいですね。

中身は暖突本体と固定用のネジなど(電源コードに縛り付けてある)、そして取扱説明書のシンプル構成です。

 

MADE IN JAPANらしくしっかりした作り

取り出した中身を詳しく見てみましょう。

まずは取扱説明書から。

「暖突 Mサイズ」の取扱説明書表紙

付属のネジのセットの仕方が書いてありますね。

中も見てみましょう。

「暖突 Mサイズ」の取扱説明書中身

!?

びっちりと使用上の注意が書いてあります(゚ω゚;A) そして写真はありませんが、裏は保証書。取扱説明書らしいのは表紙のネジの記述くらいですね。まあ、確かに使い方は単純ですし、問題はないっちゃないですかね。

次は電源コードに縛り付けてあったビニール袋の中身を出して見てみましょう。

「暖突 Mサイズ」付属のネジ類一式

おっ、なんとドライバー付きです。あとはネジとワッシャが4つずつ。取扱説明書表紙のイラストとはだいぶ違う気がしますが、問題はないでしょう。

では、いよいよ本体を見てみます。

「暖突 Mサイズ」本体発熱面

こちらは発熱面です。黒い部分が不織布で、これにより高温なのに触っても高温とは感じないらしいです。

大きさの参考までにモノしんの手を置いてみました。

「暖突 Mサイズ」本体大きさ参考

数値的には、短辺が20cm、長辺が25cmとなっています。

厚みと電源コードの取付部を見てみましょう。

「暖突 Mサイズ」本体厚み

厚み2.1cm。パッケージ表面には「超薄型」と書いてあるんですが、うーん、少なくとも「超」ではない気がしますが(⌒_⌒; 電源コードは取り外しは出来ない構造です。取り付けはしっかりしており安心感は高そうですね。

天面はこんな感じ。

「暖突 Mサイズ」本体天面

ケースはある程度の厚みがある金属板を折り曲げて成型されていて丈夫そうです。

四隅にあるネジ穴を拡大。

「暖突 Mサイズ」本体ネジ穴

おや、何かでふさがれているように見えますね。ただ、それを取り除く術などありませんし、取扱説明書にも記載はありませんから、気にせずネジを締めても問題ないんでしょう。

コードの長さも気になりますよね。

「暖突 Mサイズ」全体像

測ってみますよ!

「暖突 Mサイズ」コードの長さ計測

本体にメジャーを当てて…

「暖突 Mサイズ」コード長さ

コードのたるみ分多少の誤差はありますが、ほぼ1mですね。ちょっと短いようにも思えますが、ほとんどの場合、暖突はサーモスタットを介して電源に接続することになるはず。そうなるとサーモスタットの電源コードも長さに加わりますから、1mでも問題はないかもしれませんね。※サーモスタットとは、ケージ内温度を計測しヒーターのON/OFFを自動でしてくれる装置です。


まとめ

さて、暖突Mサイズを開封して観察してみましたが、作りはとても良いと感じました。ヒーターは一歩間違えば火災など大事故につながるものですから、信頼のおけるものであることが重要です。その意味では、暖突は文句のつけどころがないと言えるでしょう。

冬の間に暖突を使って試したいことがあるので、使用感についてはその時にでもまた記事にしたいと思います。

 

 

ゲオの宅配レンタル!

忙しくても借りちゃおう(*^-゚)v

詳しくはこの記事で! 【映像】ゲオ宅配レンタルを利用してみた!返却までの流れはどんな感じ?

■スポンサーリンク■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です