【男の料理】ナガラ食品の「ホルモン鍋」をアレンジして喰らうッ!

こんにちは、モノしんです!

 

みなさん、これ知ってますか!?

ナガラ食品ホルモン鍋のパッケージ

ナガラ食品 ホルモン鍋!!

 

ローソンのみで買える、知る人ぞ知る逸品でございます(^^)

アルミ鍋の冷凍食品で、冷凍鍋焼うどんなどと同じコーナーに置いてあるはず。

残念ながら昨年一気に100円も値上がりしてしまい、現時点では税込410円。

値上げ前の価格が安過ぎたので、まあ適正でしょうかね。少なくとも割高ではないと思います。

 

これ、包装に書いてあるまま調理して食べると、かなーり味が濃いんですよ。濃過ぎなくらい濃い。

醤油ベースのしょっぱさと、辛いものが苦手な人にはちょっとキツいくらいの辛さで、人によっては美味しくないと感じてしまうくらいの濃厚な味付けなんですよね。

 

この商品は、アレンジしてその味の濃さをマイルドにすることで真の美味しさが発揮されるんですよ!

なので今回は、アレンジ方法の一例を紹介したいと思います!!

■スポンサーリンク■

今回のアレンジの主役は「豆腐」!!

アレンジといっても、その方法は簡単。

冷蔵庫の中にある適当なものをぶち込むだけッ(o≧▽^)┘

 

まずはホルモン鍋のパッケージを取り除きましょう。

ナガラ食品ホルモン鍋のパッケージ除去

こうなります。

 

次に、冷蔵庫の中にあった賞味期限の切れそうな豆腐(笑)と、野菜(小松菜、ピーマン、おくら)を豪快に刻み、凍ったままのホルモンの上に載せます。

ナガラ食品ホルモン鍋に豆腐と野菜を載せる

こんな感じです(v^ー°)

ここで注意点が一つ。それは、あまりたくさん載せすぎないこと!!

正直、上の画像はちょっと載せすぎです…(´Д`)

載せすぎるとどうなるかはこの後わかります。

 

さあ、コンロで火にかけていきましょう。

ナガラ食品ホルモン鍋を火にかける

あくまで弱火で。

アルミ鍋ですから、火が強すぎると最悪穴が開きますよ!

 

しばらくすると汁が溶けて液体になるので、上に載せた野菜をどんどん押し込んでいきましょう。

ナガラ食品ホルモン鍋に野菜を押し込む

汁が沸騰してくるので、さらに押し込んでいきます!

豆腐も少し崩しましょうか(*^o^*)

ナガラ食品ホルモン鍋にさらに野菜を押し込む

この辺でちょっと載せすぎたことに気付きます(笑)

これはぎりぎりのラインですね。

このアルミ鍋、すごく浅いんですよ…。

これ以上載せていたら、汁があふれるか、上に載せたものに火が通らないかになります(⌒_⌒;

とりあえず今回については大丈夫そうなので、このまま煮込んでいきます。

 

パッケージには「とろみがつくまで煮込む」的なことが書いてありますが、そこまではなかなかならないです。

全ての食材に火が通ったと思ったら、お好みのタイミングで火を止めてOK!

煮込み時間によってホルモンの歯応えが多少変わります。

少し歯応えがあるのが好きなら短めに、柔らかいのが好きなら長めに煮込みましょう。

 

完成したホルモン鍋はこちら!

ナガラ食品ホルモン鍋が完成

ウマそーーー!!o((*^▽^*))o

 

食卓まではくれぐれも気を付けて運んでください。

アルミ鍋は当然熱いですし、浅い鍋なので汁がこぼれやすいです。


まとめ

ナガラ食品のホルモン鍋の豆腐野菜アレンジはいかがでしたでしょうか?

他に定番なのはうどんとかとか、とにかくホルモン鍋の濃い味を薄めてくれる淡白なものであれば、何でも合うのではないかと思います。

とても美味しいので、是非自分なりのアレンジをして食べてみてくださいね!

■スポンサーリンク■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です