【チルド】ローソンセレクトの「チーズ入りハンバーグ」を食べてみた!

こんにちは、モノしんです(゚▽^*)ノ

 

今回食べるのはこれっ!

「チーズ入りハンバーグ」のパッケージ

ローソンセレクト チーズ入りハンバーグ

 

先週だったと思いますが、モノしんが好きなテレビ番組「マツコの知らない世界」でインスタントハンバーグが特集されていたんです。これまでその手のハンバーグはまったく食べてなかったんですが、その特集がかなり興味深かったので食べてみたくなり、せっかくなのでレビューというわけです(笑)

第1回は(第2回があるかはまだわかりませんが)、ローソンオリジナルの商品。ローソンオリジナルのインスタントハンバーグは何種類かあるんですが、今回食べるのはその中でもお手頃価格の一品です。その価格は税込130円。値段から考えればあまり期待はできないように思いますが、試してみることにしましょう!

■スポンサーリンク■

調理は簡単、そのままレンジへ!

まずはパッケージ裏面の表示類を見てみます。

「チーズ入りハンバーグ」のパッケージ裏面

調理方法、原材料、栄養成分などが表示されています。

 

栄養成分は、1袋100g当たり、カロリー198kcal、炭水化物12.6g、食塩相当量1.7gとなっています。100gって、メインのおかずとなるハンバーグとしては少ないですよね。価格から考えても、プラス一品的な位置付けでしょうかね。

 

調理方法は非常に簡単。5分湯せんするか、電子レンジで500Wなら1分50秒、600Wなら1分40秒加熱するだけ。湯せんでも電子レンジでも封を開ける必要はありません。蒸気口の位置(上の写真では右上に見えます)の関係だと思いますが、電子レンジ加熱の場合は必ず立てて置かなければならないとのことです。

 

今回は電子レンジ調理してみました。

「チーズ入りハンバーグ」を電子レンジ調理

 このように、底を広げると立てて置くことができます。

 

食感は柔らか、チーズがチーズじゃない?

さて、温め終わったらまずはレンジから取り出しますが、非常に熱くなっているので気を付けなければなりません。特に蒸気口には注意が必要です。

 

やけどに十分気を付けてお皿に移せば完成!

「チーズ入りハンバーグ」調理後

デミグラスソースは別添えではなくハンバーグと一緒に入っています。袋から余さずしぼり出しましょう。うーん、内容量100gだけあって、小さいですね。直径7cmくらい。

 

チーズ入りですから、それも確かめなければなりませんね!

「チーズ入りハンバーグ」断面

お、たっぷり入っています(*^o^*) でも、なんだか質感が普通のチーズとは違うような感じ。ちゃんと温まっているはずですが、とろけているようには見えません。

 

では、食べてみましょう!

 

まずソースですが、普通のデミグラスソースですね。ちょっと甘めのように思いますが、しょっぱさとのバランスが悪くなるほどではありませんし、十分美味しいと言えるでしょう。

そして肝心のハンバーグですが、かなり柔らかめ。ナイフを使わずフォークやハシで簡単に切れてしまいます。口に入れるとたまに粗い挽き肉の歯応えがありますが、大部分は念入りに細かく挽かれこねられた肉の柔らか食感。モノしん的にはもうちょっと粗い食感が好みではありますが、この柔らかさが好きな人も間違いなくいるでしょう。肉の旨味はしっかりありますよ。

ハンバーグの中のチーズは、見た目通り普通のチーズではないようです。まず食感が違う。トロリととろけたりのびたりせず、例えるとしたら…、そうですね、あんこのような感じ(⌒_⌒; 味もチーズオンリーではなく、チーズとホワイトソースを混ぜたような味ですね。チーズを期待していたらちょっとガッカリもあると思いますが、そうでなければ普通に美味しく食べられると思います。

量的にはさすがに物足りないですね。前述したように、やはりプラス一品と思ったほうがいいと思います。

 

総評

安価なので味は期待していなかったわけですが、見事良いほうに裏切られました。この価格でこの味であれば、もっと高いものはどれだけ美味しいんだろうと期待がふくらみましたし、いろいろな種類を食べ比べてみたいと思えました。「マツコの知らない世界」で紹介されていたように、インスタントハンバーグの世界、かなり奥が深そうです(≧▽≦) 今回食べた商品について言えば、また食べる可能性は十分にあると思いました。

 

リピート確率:80%

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です